×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戦国大名録

戻る

島津家 本国:薩摩
本城:東福寺城→清水城→内城
                   ┏女(肝付兼続室)
                   ┣貴久
     相州┏友久━━運久……忠良━╋忠将━━以久
       ┃       ┏忠治 ┗尚久━━忠長
       ┃       ┣忠隆     ┏義久━━女(忠恒室)
久豊━┳忠国━╋立久━━忠昌━┻勝久……貴久━╋義弘━┳久保
   ┃   ┗久逸━━善久━━忠良     ┣歳久 ┗家久(忠恒)
   ┃                   ┗家久━━豊久
 薩州┣用久━━国久━━成久━━忠興━┳実久━━義虎━┳忠辰
   ┃               ┗忠辰     ┗忠隣
 豊州┗季久━━忠廉━━忠朝━━忠広━━忠親
 11代当主・忠昌は衰えた島津家の勢力の回復に努めたが、領内の度重なる反乱を苦として自害した。
 忠昌の長男・忠治は20歳で12代当主となったが27歳で死去し、後を継いだ忠昌の次男・忠隆も若くして亡くなった。
 その後、忠昌の三男・勝久が14代当主となったが、この頃には本家の衰えはいよいよ覆い難いものとなっていた。勝久は薩州家・実久より家督譲渡を強要されたが断り、これに対抗するため大永6(1526)年、伊作家・忠良の子・貴久に家督を譲った。忠良は実久を破って島津家中の争いを終結させ、貴久は蒲生氏、菱刈氏を滅ぼして薩摩を統一した。
 義久が当主となった後の元亀3(1572)年に義弘は木崎原で伊東勢を破り、翌年には肝付氏を服属させた。天正6(1578)年大友勢を耳川で破り、天正9(1581)年には相良氏を降し、さらに天正12(1584)年龍造寺勢を沖田畷で破った。こうして九州統一はほぼ成ったが、大友宗麟が援助を要請した豊臣秀吉と戦うことになった。天正14(1586)年の秀吉軍の侵攻は家久の活躍で撃退したが、翌年の秀吉本隊との戦いに敗れ、薩摩、大隅と日向の一部を安堵された。
島津家関連書籍

戻る