×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

島津家臣250字列伝
戻る
001.島津勝久
1503〜1573。島津家14代当主。忠昌の三男。幼名は宮房
丸。通称は又八郎、八郎左衛門尉。諱は忠兼、勝久。15
19年、兄・忠隆の早世により家督を継いだ。本家が衰え
ていたために妹婿の薩州島津家・実久を頼ったが、実久
が守護職を強要したため、相州島津家・忠良に国政を委
ね、家督をその子・貴久に譲って隠居した。のち、実久
に唆されて鹿児島に復帰したが、川上昌久を自刃させた
ために実久によって追放された。祁答院重武を頼って一
時は鹿児島を奪い返したが、谷山で実久軍と戦って敗退
した。以後、各地を流浪し最期は豊後沖之浜で没した。
002.島津忠良
1493〜1568。伊作島津家10代当主。善久の嫡男。幼名は
菊三郎。通称は三郎左衛門尉。号は日新斎。父の死後、
母が相州家・運久に再嫁し、伊作、相州両家の家督を併
せて相続した。1526年、薩州家・実久に圧迫を受けた本
家・勝久の要請で、嫡男・貴久を勝久の養子とし、本家
当主に据えることに成功した。一度は実久に鹿児島を陥
れられたが、伊作を拠点として実久方の諸将を次々と降
し、1539年には南薩摩の実久方の拠点・加世田城を陥落
させ、実久を降伏させた。その後は家訓の『いろは歌』
を創作するなどして、一族家臣の教育に取り組んでいる。
003.島津貴久
1514〜1571。島津家15代当主。忠良の長男。幼名は虎寿
丸。通称は又三郎。号は伯囿。1526年、島津家14代当
主・勝久の養子となり、家督を継いだ。父・忠良ととも
に敵対する薩州家・実久と戦い、降伏させた。1549年、
加治木の肝付兼演を黒川崎の戦いで破って降し、1554年
には一門を総動員し祁答院良重が守る難攻不落の岩剣城
を陥落させた。1566年、家督を嫡男・義久に譲り、1571
年、没した。海外交易に積極的で、琉球と修好を結び、
ザビエルにはキリスト教の布教を許したが、家臣の反対
が激しかったため貿易船の数が少なくなると禁止した。
004.島津義久
1533〜1611。島津家16代当主。貴久の嫡男。幼名は虎寿
丸。通称は又三郎。諱は忠良、義辰、義久。号は龍伯。
1566年に家督を相続し、菱刈氏、入来院氏、東郷氏、肝
付氏ら薩摩、大隅の諸氏を降し、1576年には日向の伊東
義祐を駆逐した。1578年に大友宗麟が大軍を率いて南下
すると高城周辺で迎え撃って戦い、勝利した。その後も
肥後の相良氏、肥前の龍造寺氏を降して九州平定の目前
まで迫るが、豊臣秀吉の征伐軍に降り薩摩、大隅と日向
諸県郡を安堵された。家督を甥・忠恒に譲った後も権力
を持ち、関ヶ原の戦いの戦後処理では本領安堵を得た。
005.島津義弘
1535〜1619。島津家17代当主。貴久の次男。通称は又四
郎。諱は忠平、義珍、義弘。号は惟新。1572年、300人
の軍勢で3000人の伊東軍を木崎原において撃破し、勇名
を馳せた。兄・義久に従い、肥後方面の計略を担当した。
豊臣秀吉の九州征伐に対し徹底抗戦の構えを見せたが、
義久の説得で降伏した。豊臣政権に対しては協力的で、
朝鮮に出陣して泗川の戦いでは明の大軍を撃破し、露梁
津の海戦では李舜臣を戦死させた。関ヶ原の戦いでは西
軍に味方して、小早川秀秋の寝返りの後に敵の大軍の中
を中央突破する離れ業をやってのけ、薩摩へ帰国した。
006.島津久保
1573〜1593。島津義弘の次男。幼名は万寿丸。通称は又
一郎。義弘の長男・鶴寿丸が早世したため嫡男となった。
豊臣秀吉の九州征伐後、日向諸県郡に所領を与えられた。
伯父・義久に男子がいなかったため、島津家の世継とな
るために、17歳で義久の末娘・亀寿と結婚した。1590年、
小田原征伐に参加し、1592年には父・義弘とともに朝鮮
半島へ渡った。島津家の次期家督として申し分の無い働
きを見せたが、朝鮮半島での長滞陣が響いて病に侵され、
1593年、巨済島において21歳の若さで病死した。急遽、
弟・忠恒が代役に立てられたが、領内に混乱を招いた。
007.島津忠恒
1576〜1638。島津家18代当主。義弘の三男。幼名は米菊
丸。通称は又八郎。1593年、兄・久保が朝鮮巨済島で病
死すると、その未亡人(義久の末娘・亀寿)を娶り世継
となった。久保に代わって朝鮮へ渡海し、1598年の泗川
の戦いで活躍した。1599年、豊臣政権より厚遇されてい
た老中・伊集院忠棟を殺害し、1602年にはその子・忠真
をも殺害した。大名権力強化のため前当主・義久の影響
力排除に努め、琉球への出兵を強行し、義久の側近・平
田増宗を謀反の嫌疑で殺害した。義久の死後、側室を置
いて32人の子を儲けるなどして、薩摩藩の礎を築いた。
008.島津歳久
1537〜1592。日置島津家初代当主。貴久の三男。通称は
又六郎。号は晴蓑。1554年、岩剣城の戦いで初陣した翌
年、北村城の戦いで重傷を負った。1568年には堂ヶ崎の
戦いで窮地に陥った兄・義弘を救った。禰寝氏、肝付氏
らとの戦いでも活躍し、薩摩祁答院を領した。1587年、
豊臣秀吉の九州征伐に際して秀吉に拝謁せず、家臣・本
田四郎左衛門に命じて領内を通過する秀吉の駕篭に矢を
射掛けさせた。この時には何の咎めも無かったが、1592
年に梅北国兼が反乱を起こすと、その黒幕であると疑わ
れ、秀吉の命を受けた兄・義久によって攻め滅ぼされた。
009.島津忠隣
1569〜1587。日置島津家2代当主。薩州家・義虎の次男。
通称は三郎次郎。貴久の三男・歳久の娘を娶り養子とな
った。筑後鷹取城攻め、筑前岩屋城攻めに功があった。
根白坂の戦いで島津家久に従い先陣で戦ったが討死した。
010.島津家久
1547〜1587。永吉島津家初代当主。貴久の四男。通称は
又七郎。1561年、15歳で廻城の戦いで初陣し、工藤隠岐
守を討ち取った。日向の伊東義祐の駆逐後、佐土原城主
となり、耳川の戦いでは山田有信らとともに高城を守っ
た。1584年、有馬晴信が龍造寺隆信の圧迫を受け救援を
求めてくると島原半島へ渡海し、龍造寺軍を迎え撃って
破り、隆信の首級を挙げた。1586年、豊臣秀吉の九州征
伐軍を戸次川の戦いで破り、十河存保、長宗我部信親を
討ち取ったが、豊臣秀長の軍勢と根白坂で戦って敗れた。
秀長に拝謁して降伏したが、その後間もなく病死した。
011.島津豊久
1570〜1600。永吉島津家2代当主。家久の嫡男。通称は
又七郎。諱は忠豊、豊久。15歳の時、沖田畷の戦いで初
陣を飾る。豊臣秀吉の九州征伐後、父・家久が急死する
と日向佐土原城主となった。母を伴い京へ赴き、1590年
の小田原征伐に参陣した。伯父・義弘に従って2度の朝
鮮出兵に参加し、慶長の役の泗川の戦いでは明の大軍を
相手に奮戦した。伊集院忠真が起こした庄内の乱では日
向に戻って鎮圧のため戦った。関ヶ原の戦いでも伯父・
義弘に従って戦い、31歳の若さで戦死した。所領の佐土
原は徳川家康に接収されたが、のち島津以久が入った。
012.島津忠将
1520〜1561。相州島津家4代当主。忠良の次男。通称は
又四郎。諱は政久、忠将。1539年の加世田城攻めで搦め
手の大将を務め、敵将・市来某を討ち取った。1548年、
本田薫親を攻略して大隅清水城主となり、大隅方面の計
略を担当した。蒲生攻めでは先鋒を務め活躍した。1561
年、肝付兼続が廻久元の廻城を攻め落とすと、兄・貴久
とともに出陣した。竹原山の陣が敵の攻撃で窮すると、
家老・町田忠林の諫止を聞かずに救援に向かい、敵に囲
まれ乱戦の中で討ち死にした。その後、大隅の抑えとし
て義弘を飫肥から移したため飫肥は奪われてしまった。
013.島津以久
1550〜1610。垂水島津家2代当主。日向佐土原藩初代藩
主。忠将の嫡男。幼名は尭仁房。通称は又四郎。諱は征
久、以久。官職は右馬頭。1573年、降伏したばかりの禰
寝重長救援のため島津忠長とともに大隅半島へ渡り、肝
付勢と戦って撃退した。以後、水俣城の戦いなどで軍功
を重ね、大隅の清水、上井、福山などを領有した。九州
征伐後には豊臣秀吉から直接知行を受けた御朱印衆のひ
とりとなった。太閤検地で種子島、屋久島、永良部群島
へ転封され、1599年には垂水へ転封となった。関ヶ原の
戦いの後、薩摩藩の支藩・佐土原藩の初代藩主となった。
014.島津彰久
1567〜1594。垂水島津家3代当主。以久の嫡男。通称は
又四郎、守右衛門。島津義久の次女・新城を娶り、長男・
忠仍(久信)を儲けた。沖田畷の戦いに従軍して軍功を
あげた。文禄の役では忠恒に従って渡海したが、巨済島
で病死した。
015.島津尚久
1531〜1562。宮之城島津家初代当主。忠良の三男。幼名
は鎌安丸。通称は又五郎。官職は左兵衛尉。薩摩鹿籠領
主。1554年の岩剣城攻めをはじめ、蒲生攻めの諸戦で活
躍した。1559年、飫肥城の島津忠親を救援し伊東義祐と
戦うが危機に陥り、春成久正が身代わりとなって討死し
て漸く危機を脱した。
016.島津忠長
1551〜1610。宮之城島津家2代当主。尚久の嫡男。幼名
は鎌菊丸。通称は又五郎。号は紹益。官職は図書頭。伯
父・忠将の娘を娶った。肝付氏攻めで活躍し、大隅串良
地頭となった。伊東氏、大友氏との戦いでも軍功をあげ、
国老となった。京に歳久の首が晒されたときは、これを
奪って洛中の浄福寺に葬った。文禄、慶長の役では義弘
に従って渡海し、泗川の戦いで縦横無尽の働きを見せた。
関ヶ原の戦い後、肥後との国境である出水を守備し、祁
答院、宮之城の領主となった。1602年には義久の使者と
して徳川家康に謁し、本領安堵の起請文をとりつけた。
017.桂忠詮
1557〜1615。島津家臣。忠俊の子。通称は又十郎、兵衛
尉。諱は忠ムとも。官職は山城守。1581年、平佐地頭と
して水俣城攻めに参加した。九州征伐の際は平佐城に籠
城し、秀吉軍に頑強に抵抗した。朝鮮出兵前には梅北国
兼の反乱軍に加わったが許された。文禄、慶長の役では
義弘に従って朝鮮に渡海し、軍功をあげた。関ヶ原の戦
いにも参陣し、島津義弘を逃がすために戦って帰国を果
たし、頴娃久秀、山田有栄とともに知行200石の印判を
得た。高山地頭となって家久にも仕え、高山で病死した。
018.喜入季久
1532〜1588。島津家臣。島津忠俊の嫡男。通称は三郎四
郎。諱ははじめ忠賢。官職は式部大夫、摂津介、摂津守。
号は休宅。薩摩喜入領主。所領・喜入の地名をとり、苗
字を島津から喜入に改めた。横川攻めで活躍した。1569
年、島津義久の老中となり、菱刈郡花北村を領した。15
70年、足利義昭の将軍就任を祝するために上洛した。高
原城の戦い、水俣城の戦い、筑紫攻めなどに従軍した軍
功により鹿籠を加増されて鹿籠山之城を居城とし、嫡子・
久通を喜入に置いた。鹿籠で病死した。
019.島津実久
1510〜????。薩州島津家5代当主。忠興の嫡男。通称は
八郎左衛門尉。島津忠昌の娘を娶った。義兄・勝久に対
して宗家当主の地位を要求したが、勝久は拒否して伊作
島津家・忠良に国政を委ねたため、忠良と敵対する。15
26年、山田、百次を占領し、百次城を山崎成知に守らせ
た。翌年、忠良が加治木、帖佐へ出陣した隙に伊集院一
宇治城、日置城、谷山城を攻略し、鹿児島をも陥れた。
しかし、1533年より徐々に所領を奪い返され、1537年に
は鹿児島を奪われて加世田へ退いた。1539年、加世田城
をも忠良に落とされて和睦し、本領の出水へ逼塞した。
020.島津義虎
1536〜1585。薩州島津家6代当主。実久の嫡男。通称は
又太郎、三郎太郎、八郎左衛門尉。諱は他に晴久、陽久、
義利、義俊。薩摩出水領主。島津義久の娘を娶った。15
53年に家督を継いだ。1568年、相良・菱刈連合軍が攻め
てきたとき、詰めていた羽月城から本領の出水へ退却し
たため、島津義久の怒りを買った。1569年、水引などを
与えられた。1581年の水俣城の戦いでは先鋒を務め、相
良義陽を降伏させた。沖田畷の戦いでも軍功があった。
021.島津忠辰
1565〜1593。薩州島津家7代当主。義虎の嫡男。通称は
又太郎。諱は他に忠永。薩摩出水領主。九州征伐の際、
八代南方の高田を守っていたが、有馬晴信が秀吉に降っ
たため出水に退却した。秀吉が薩摩に入るといち早く降
伏し本領を安堵された。文禄の役に際して、宗家とは陣
立を別にしてくれるよう秀吉に直訴するが叶わなかった。
やむなく島津義弘に従って釜山まで行くが、病と称して
進軍しなかった。このことが秀吉の怒りを買い、小西行
長に預けられて改易された。没収された所領は、細川幽
斎と石田三成に分与された。加徳島で病死したという。
022.吉利忠澄
生没年不詳。島津家臣。吉利家4代当主。島津久定の子。
官職は下総守。島津貴久の命で1558年に苗字を島津から
吉利に改めた。高原攻め、耳川の戦いなどに参軍した。
1582年、新納忠元、伊集院久宣とともに肥後日比良を攻
め、そのまま肥後に在陣して隈本当番を務めた。北上戦
では、山田有信、上井覚兼らとともに、日向口担当の島
津家久の軍勢に加わった。
023.寺山久兼
生没年不詳。島津家臣。直久の子。大隅市成地頭。慶長
の役では島津義弘に従って朝鮮へ渡海した。晋州[チンジュ]
城に陣を構える明軍に対抗するため新たに築かれた望津
[マンジン]城を守った。のち、義弘の命により望津城を放
棄し、泗川の戦いでは明軍の背後に回って敵陣を撹乱す
る活躍を見せた。庄内の乱でも活躍し、乱後に恒吉地頭
となった。
024.島津忠親
1504〜1571。豊州島津家5代当主。島津忠広の次男とす
る説と、北郷忠相の長男で島津忠広の養子とする説があ
る。通称は二郎左衛門尉。号は泰心斎。官職は尾張守、
豊後守。飫肥領主。島津貴久に従い、北郷時久とともに
伊東氏、肝付氏の攻撃を防いだ。1559年、防衛が困難と
なったため、大隅末吉を貴久に、日向梅北を北郷時久に
与えた。1560年、貴久の次男・義弘を養子とし守りを固
めた。1561年、大隅廻城の戦いで島津忠将が戦死すると、
翌年に義弘は貴久に呼び戻されて飫肥を退去したため、
伊東義祐の攻撃を受けて飫肥を失った。都城で没した。
戻る