×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

島津家臣400
戻る
001.島津忠昌       1463〜1508
島津家11代当主。立久の長男。桂庵玄
樹を招いて学問を奨励した。薩州家・国
久、伊作家・久逸、肝付兼久ら国人の反
乱に悩まされ、失意のうちに自害した。
002.島津忠治       1489〜1515
島津家12代当主。忠昌の長男。父の自
害により20歳にして家督を継いだ。領
内で国一揆が続発して、その対応に追わ
れた。1515年、27歳で死去した。
003.島津忠隆       1497〜1519
島津家13代当主。忠昌の次男。兄の早
世により家督を継いだ。1516年、琉
球を奪おうと企む三宅国秀の軍勢を討伐
した。1519年、23歳で死去した。
004.島津勝久       1503〜1573
島津家14代当主。忠昌の三男。義弟・
島津実久と手を切り島津忠良に国政を委
ねて隠居したが、実久に唆されて復帰し
た。のち実久と不和になり追放された。
005.島津運久   一瓢斎 1468〜1539
相州島津家2代当主。友久の子。島津忠
良を養嗣子とすることを条件に、忠良の
母・常盤を娶った。阿多城に移って忠良
に相州島津家の家督を譲り、隠居した。
006.島津久逸       1440〜1500
伊作島津家8代当主。忠国の庶子。日向
櫛間を領して伊東家に備えるが、主君・
忠昌より旧領・薩摩伊作への復帰を命じ
られたため反発し、以後忠昌と戦った。
007.島津善久       1468〜1494
伊作島津家9代当主。久逸の子。新納是
久の娘を娶った。若くして下僕に殴殺さ
れ、その後間も無く父・久逸も戦死した
ため、善久の妻が伊作島津家を率いた。
008.島津忠良   日新斎 1492〜1568
伊作島津家10代当主。善久の子。子・
貴久を島津宗家に入嗣させ、敵対する島
津実久を降した。一族家臣の教育に注力
し、島津家隆盛の礎を築いた中興の祖。
009.島津貴久   伯囿  1514〜1571
島津家15代当主。忠良の嫡男。父に従
い、薩州家・島津実久を破った。内城を
築いて本拠とし、肝付兼演、蒲生範清ら
薩摩、大隅の国人衆を次々と撃破した。
010.島津義久   龍伯  1533〜1611
島津家16代当主。貴久の嫡男。3人の
弟と勇猛な家臣団を率いて領土を拡大、
九州をほぼ統一するが、豊臣秀吉の九州
征伐軍に屈し、薩摩1国を安堵された。
011.島津義弘   惟新斎 1535〜1619
島津家17代当主。貴久の次男。木崎原
の戦いで自軍に10倍する伊東軍を破っ
た。慶長の役では泗川において明の大軍
を撃破し、「鬼石曼子」と恐れられた。
012.島津久保       1573〜1593
義弘の次男。九州征伐後、人質として京
へ赴いた。小田原征伐、文禄の役に従軍
した。義久の娘を娶り、次期当主として
期待されたが、朝鮮巨済島で病死した。
013.島津忠恒       1576〜1638
島津家18代当主。義弘の三男。兄・久
保没後、その未亡人(義久の娘)を娶り
世継となる。鶴丸城を築き、琉球王国を
支配下に置くなど薩摩藩の礎を築いた。
014.島津光久       1616〜1694
島津家19代当主。家久の次男。金山、
錫山の開発や新田開発を行うが、天災や
手伝い普請のため財政は逼迫した。仙巌
園を建造した。在位は50年に及んだ。
015.島津忠朗       1616〜1676
加治木島津家初代当主。家久の三男。母
は鎌田政重の娘。光久と5ヶ月違いの異
母弟。加治木島津家は、薩摩藩において
親族として遇された御一門四家の一つ。
016.島津忠清       1582〜1595
佐志島津家初代当主。義弘の五男。母は
園田実明の娘(広瀬助宗の養女)。父・
義弘の松尾城移城にともなって栗野に移
住し、1595年に若くして病死した。
017.島津歳久   晴蓑  1537〜1592
日置島津家初代当主。貴久の三男。祁答
院領主。秀吉に降伏後、領内を通る秀吉
の駕篭に矢を射掛けたという。梅北の乱
の黒幕と目され、秀吉の命で自害した。
018.島津忠隣       1569〜1587
日置島津家2代当主。義虎の次男。貴久
の三男・歳久の養子となった。筑後鷹取
城攻め、筑前岩屋城攻めに功があった。
根白坂の戦いで銃弾に当たり戦死した。
019.島津常久       1587〜1614
日置島津家3代当主。忠隣の長男。母は
島津歳久の娘。1595年、薩摩日置郷
を賜った。関ヶ原の戦いのときに加藤家
に捕縛された薩州家一族の解放に尽力。
020.島津家久       1547〜1587
永吉島津家初代当主。貴久の四男。日向
佐土原城主。沖田畷の戦いでは龍造寺の
大軍を破り、隆信を討った。豊臣秀吉に
降ったが、豊臣秀長との会見後に急死。
021.島津豊久       1570〜1600
永吉島津家2代当主。家久の嫡男。日向
佐土原城主。小田原征伐、朝鮮出兵、庄
内の乱と歴戦した。関ヶ原の戦いで、伯
父・義弘の身代わりとなって討死した。
022.島津忠栄       1597〜1624
永吉島津家3代当主。喜入忠続の長男。
豊久の死後、豊久の弟・忠直の娘を娶り
永吉島津家を継いだ。子無くして没し、
島津家久の九男・久雄が家督を継いだ。
023.島津忠将       1520〜1561
垂水島津家初代当主。忠良の次男。本田
薫親を攻略し、大隅清水城主となった。
蒲生攻めでは先鋒を務め活躍したが、大
隅廻城の戦いで肝付勢と戦い討死した。
024.島津以久   宗恕  1550〜1610
垂水島津家2代当主。忠将の長男。水俣
の戦いで軍功をあげた。大隅の清水、上
井、福山などを領有した。のち、薩摩藩
の支藩・佐土原藩の初代藩主となった。
025.島津彰久       1567〜1595
垂水島津家3代当主。以久の長男。島津
義久の娘を娶った。沖田畷の戦いに従軍
して軍功があった。文禄の役では忠恒に
従って渡海したが、巨済島で病死した。
026.島津忠仍       1585〜????
垂水島津家4代当主。彰久の嫡男。母は
島津義久の次女。島津宗家の当主に推さ
れたが、義久死後立ち消えとなった。居
城を大隅垂水城から大隅林城へ移した。
027.島津忠興       1599〜1637
佐土原藩2代藩主。以久の三男。大坂冬
の陣には参軍したが、大坂夏の陣では遅
陣した。父・以久は垂水城主であったが
島津豊久の遺領・佐土原を受け継いだ。
028.島津尚久       1531〜1562
宮之城島津家初代当主。忠良の三男。薩
摩岩剣城攻めなどで活躍した。次兄・忠
将ともども貴久の補佐を行い、島津家の
北薩、大隅、日向の領国化に貢献した。
029.島津忠長   紹益  1551〜1610
宮之城島津家2代当主。尚久の子。島津
宗家の老中。水俣城の戦い、沖田畷の戦
い、泗川の戦いなどで活躍。関ヶ原の戦
いののち、家康の起請文をとりつけた。
030.島津忠倍       1578〜1609
忠長の長男。河内守と称す。慶長の役で
は南原城攻めで敵の首級をあげた。庄内
の乱でも活躍した。1600年の佐敷浦
の海戦では父とともに加藤勢を破った。
031.島津久元       1581〜1643
宮之城島津家3代当主。忠長の次男。家
久、光久の家老。新納忠真の養子となり
忠在と名乗った。兄・忠倍の死により生
家を継いだ。島原の乱で大将を務めた。
032.島津久通       1604〜1674
宮之城島津家4代当主。久元の長男。家
老を務め、家久、光久に仕えた。長野金
山を発掘し、財政再建を図った。また、
「島津世録記」「征韓録」を編纂した。
033.桂忠詮        ????〜1615
島津家臣。桂家5代当主。忠俊の子。平
佐のち高山地頭。秀吉の九州征伐軍に頑
強に抵抗し、のち梅北国兼の反乱軍に加
わった。関ヶ原の戦いでも、奮戦した。
034.桂忠秀        1582〜1646
島津家臣。桂家6代当主。忠詮の子。民
部少輔と称した。父の代から高山地頭で
あったが、大村地頭へ転じた。兄・忠次
が朝鮮で戦死したため、継嗣となった。
035.島津頼久       ????〜1498
島津家臣。喜入家2代当主。島津家9代
当主・忠国の子。兄・忠弘の養子となっ
た。居城・指宿城を頴娃氏、禰寝氏らに
攻められ、逃れようとしたが討たれた。
036.島津忠誉       ????〜????
島津家臣。喜入家3代当主。頼久の養子
となった。頴娃兼洪に居城・指宿城を落
とされた。島津本家に従っていたが享禄
頃に相州家・忠良についたとみられる。
037.島津忠俊       1508〜1549
島津家臣。喜入家4代当主。忠誉の子。
1539年、島津忠良に従って市来攻め
で活躍し、赤水郷を与えられた。喜入を
苗字としたのは、子・季久からという。
038.喜入季久   休宅  1532〜1588
島津家臣。喜入家5代当主。島津忠俊の
子。喜入、鹿籠地頭。老中を務めた。苗
字を喜入に改めた。横川攻めで活躍。上
洛して足利義昭の将軍就任祝いを言上。
039.喜入忠続       1571〜1645
島津家臣。喜入家7代当主。家久の家老
を務めた。季久の四男。兄・久道の嗣子
が夭折したため、久道の養子となった。
文禄の役において、虎狩りで活躍した。
040.喜入久守       ????〜1668
島津家臣。久洪の子。国分地頭。喜入氏
の庶流の出身。晩年、島津光久より大津
川の改修を命じられ、家老・島津久通と
ともに新川掘りの大事業を成功させた。
041.島津成久       ????〜????
薩州島津家3代当主。国久の子。娘は島
津忠良に嫁いだ。東郷家と薩摩高城を巡
り、抗争した。薩州島津家は島津家8代
当主・久豊の庶子・好久を始祖とする。
042.島津忠興       1486〜1525
薩州島津家4代当主。成久の子。娘は島
津勝久に嫁いだ。1500年、加世田の
島津忠福を攻めた際、忠福に味方した島
津久逸とその家臣・松元久賢を討った。
043.島津実久       1512〜1553
薩州島津家5代当主。忠興の子。宗家当
主の地位を望むが拒否されたため背く。
一時は勢力を拡大するが、島津忠良との
戦いに敗れ降伏、薩摩出水に逼塞した。
044.島津義虎       1536〜1585
薩州島津家6代当主。実久の嫡男。薩摩
出水城主。島津義久の娘を娶る。水俣の
戦いでは先鋒を務め、相良義陽を降伏さ
せた。沖田畷の戦いでも軍功があった。
045.島津忠辰       1565〜1593
薩州島津家7代当主。義虎の嫡男。薩摩
出水領主。朝鮮出兵に際して、宗家とは
陣立を別にしてくれるよう秀吉に直訴す
るが叶わなかった。朝鮮在陣中に改易。
046.島津忠清       1571〜1620
義虎の三男。兄・忠辰の改易で、小西行
長の宇土城に監禁され、のち熊本城に連
行された。1609年にようやく帰国し
た。娘は島津家久に嫁ぎ光久を生んだ。
047.島津忠栄       1575〜1642
義虎の四男。1587年、兄・忠辰の人
質として豊前小倉へ向かった。忠辰改易
後は佐土原の島津豊久、豊久死後は富隈
の義久を頼った。踊中津川村を賜った。
048.島津忠豊       ????〜????
義虎の六男。兄・忠辰が改易された際、
小西行長の宇土城に監禁された。さらに
関ヶ原の戦いの際、加藤清正の熊本城に
連行された。以後の消息は不明である。
049.島津忠辰       ????〜1539
忠興の庶子。中務大輔と称した。兄・実
久に従い、島津日新斎、貴久父子と戦っ
た。1539年、市来城に篭城し貴久を
迎え撃ったが、島津久定に射殺された。
050.島津忠兼       ????〜1565
薩州島津家4代当主・忠興の庶子。薩摩
山門院野田領主。1565年、天草領長
島を攻略して薩摩領としたが、讒言によ
って甥・島津義虎に謀殺されたという。
051.島津忠房       ????〜????
成久の庶子。内通の疑いがあった市来地
頭・多田頼益を殺害して、市来城に入っ
た。貴久が市来を攻撃したときは、新納
忠躬とともに本城を守ったが降伏した。
052.島津忠将       1500〜1540
島津家臣。吉利家2代当主。秀久の子。
中郷椙島において東郷重清と戦い、弟・
忠起とともに討死した。子・久定は島津
貴久の命により鹿籠(かご)を領した。
053.島津久定       1519〜1557
島津家臣。吉利家3代当主。忠将の子。
鹿籠を領有していたが、吉利に移封され
た。伊集院攻め、加世田攻め、市来攻め
などで功をあげた。弓の名人であった。
054.吉利忠澄       ????〜????
島津家臣。吉利家4代当主。久定の子。
島津貴久の命で1558年に吉利に改姓
した。日向高原攻め、耳川の戦い、肥後
日比良攻めなど数々の戦いに参軍した。
055.大野忠宗       ????〜1591
島津家臣。大野家4代当主。忠基の子。
駿河守と称した。山田地頭。娘婿に樺山
忠助の次男を迎えた。島津義久の命によ
って殺害され、大野家は一時断絶した。
056.寺山久兼       ????〜????
島津家臣。直久の子。大隅市成地頭。慶
長の役では島津義弘に従い、泗川の戦い
では望津を守り勝利に貢献した。庄内の
乱でも活躍し乱後に恒吉地頭となった。
057.島津昌久   政雅  ????〜1527
大田家2代当主。延久の子。島津日新斎
の姉を娶り、日新斎が帖佐を攻略すると
地頭に任命された。翌年、加治木の伊地
知重貞とともに実久に与し、討たれた。
058.島津忠続   太閑  ????〜????
昌久の次男。周防守と称した。諱は忠元
とも。初名は忠弘。1537年、忠良に
従い加世田攻めで功があった。天文年間
に阿多地頭となり阿多内城に居住した。
059.島津忠朝       1466〜1540
豊州島津家3代当主。忠廉の子。飫肥城
主。平田兼宗を討伐し、大隅串良を安堵
された。伊東祐国が飫肥城を攻撃した際
には、祐国を討ち、伊東軍を撃退した。
060.島津忠広       ????〜1550
豊州島津家4代当主。忠朝の子。飫肥城
主。伊東義祐の家臣・長倉祐有の謀反を
支援するなど、伊東氏と激しく争った。
家督を忠親に譲り、日向福島に移った。
061.島津忠親   泰心  1504〜1571
豊州島津家5代当主。北郷忠相の子。一
時、北郷家9代当主となるが島津忠広の
養子となった。伊東氏、肝付氏の攻撃を
よく防いだが、のち日向都城に逃れた。
062.島津朝久       ????〜1593
豊州島津家6代当主。忠親の子。島津義
弘の長女を娶った。耳川の戦い、筑前岩
屋城の戦いに従軍した。九州征伐後、平
房、市成の領主となる。巨済島で病死。
063.島津久賀       1582〜1644
豊州島津家7代当主。朝久の子。祖父・
島津義弘に従って朝鮮へ渡海し、泗川の
戦いで活躍した。のち、薩摩黒木の領主
となった。島津家久の主席家老となる。
064.島津忠隅       ????〜????
島津家臣。久器の子。豊州島津家の家老
を務めた。1538年、忠朝の命で大崎
城を落とした。1545年、鬼ヵ城に篭
城して、伊東義祐の攻撃を防ぎきった。
065.平山忠康       ????〜????
島津家臣。豊州島津家・季久の次男。帖
佐平山城に住み、苗字を平山に改めた。
1495年の陣之尾合戦後に甥・島津忠
朝の城代として、串良鶴亀城に入った。
066.平山近久       ????〜????
島津家臣。忠康の子。父の代より串良鶴
亀城を守っていた。永正年間の肝付兼興
の再三にわたる攻撃を退けた。鶴亀城は
1524年に、肝付兼興に奪還された。
067.平山久丘       ????〜????
島津家臣。近久の子。左衛門太夫と称し
た。平山氏は豊州島津家初代当主・季久
の次男・忠康を祖とする。忠康以来、5
代にわたって、諸県郡松山を領有した。
068.平山忠智   道空  ????〜1559
島津家臣。久丘の子。日向松山城主。伊
崎田樽ヶ原で肝付兼続軍と戦い、大敗し
て戦死した。同じ日に、松山城も落城し
て長男・久武、次男・久次も戦死した。
069.島津忠明       ????〜1530
羽州島津家3代当主。忠福の子。島津忠
昌の命で梅北から大口へ移って、「大口
殿」と呼ばれた。1530年、相良、菱
刈勢に大口城を包囲されて、自害した。
070.島津明久       1514〜1529
羽州島津家4代当主。忠明の子。諱は忠
征とも。羽月大島村で菱刈重州と戦い、
16歳で戦死した。首は家臣・宮原十郎
兵衛が取り返して、父・忠明へ渡した。
071.島津忠衡   卜波  1453〜1538
伯州島津家初代当主・豊久の次男。伯耆
守を称した。1535年、島津勝久が鹿
児島を落ちたとき、兄・忠堯とその子・
忠常が出奔したため、家督を継承した。
072.川上忠豊       ????〜????
島津家臣。川上家8代当主。庶流・忠塞
の次男であるが、川上家7代当主・公久
の養子となった。川上家は島津家5代当
主・貞久の庶長子・頼久を始祖とする。
073.川上安久       ????〜????
島津家臣。川上家9代当主。忠豊の子。
上野介と称した。島津実久に仕えた。弟
の昌久が家督を継いだ。川上家は島津家
5代当主・貞久の庶長子・頼久が始祖。
074.川上昌久       ????〜1535
島津家臣。川上家10代当主。忠豊の庶
子。島津勝久に奸臣・末弘忠重を退ける
よう諌めたが容れられず、私に誅した。
これに怒った勝久により、滅ぼされた。
075.川上久隅   慰畋  1532〜1611
島津家臣。川上家11代当主。昌久の嫡
男。父が勝久に誅されたのち忠良に仕え
る。耳川の戦い、水俣の戦いなどに参加
した。龍造寺方千々輪城を陥落させた。
076.川上久利       1558〜1640
島津家臣。久隅の長男。朝鮮出兵に参加
するが断りなく帰国したため、弟・久通
が代わって渡海した。庄内の乱の際は、
家臣の諌言を無視し父の怒りを買った。
077.川上久通       ????〜1598
島津家臣。川上家12代当主。久隅の次
男。兄・久利が不忠不孝であったため家
督代を務めた。無断帰国した兄に代わっ
て朝鮮へ渡って戦い、同地で病没した。
078.川上久貞       1592〜1629
島津家臣。川上家13代当主。上野守と
称した。久通の子。中郷地頭。伊集院忠
昭と伊勢貞昌が使いとして来て、祖父・
久隅後継の命を受けた。江戸で没した。
079.川上忠塞       ????〜????
島津家臣。川上家5代当主兼久の三男。
日置郡串木野郷30町を賜り島津家重臣
となった。長男・栄久の子・忠克は貴久
の家老となり島津家臣として活躍した。
080.川上栄久       ????〜????
島津家臣。串木野、川辺、市来地頭。忠
塞の子。掃部介、信濃守と称した。島津
本家に仕える弓の故実家であり、当時は
独自に所領を支配する一所衆であった。
081.川上忠克   意釣  ????〜????
島津家臣。串木野領主。栄久の嫡男。は
じめ薩州島津家に属すが、島津忠良に降
伏した。のち老中を務め、義久の元服に
列席した。白山権現の再興に尽くした。
082.川上久朗       1536〜1568
島津家臣。忠克の子。島津家の看経所に
名を残した4人のうちの1人。18歳の
時には主君・義久から守護代に推された
という。薩摩大口城攻撃戦で戦死した。
083.川上久辰       1559〜????
島津家臣。久朗の子。天正年間に谷山地
頭を務めた。耳川の戦い、水俣城の戦い
に参加。朝鮮出兵では兵糧が尽きて難儀
した。『川上久辰耳川日記』を著した。
084.川上久国   商山  1581〜1663
島津家臣。久辰の子。家久の家老。東郷
重位に入門して示現流惣伝となった。慶
長の役では船を造り、朝鮮に渡って戦っ
た。綱久元服に際して理髪役を務めた。
085.川上忠興       ????〜????
島津家臣。忠塞の三男。信濃守と称す。
島津貴久、義久父子のもとで老中を務め
た。1539年、甥・忠克の命で忠克の
長男・虎徳丸を伴い、市来へ向かった。
086.川上忠智   肱枕  ????〜1607
島津家臣。忠興の嫡男。義弘の家老。栗
野、馬越、蒲生地頭。木崎原の戦いでは
わずか50人の兵で加久藤城を守り切り
勝利に貢献した。晩年は京に在番した。
087.川上忠堅       1558〜1586
島津家臣。忠智の嫡男。沖田畷の戦いで
は龍造寺隆信の首を撥ねる功をあげた。
鷹取攻めでは筑紫広門の弟・晴門と一騎
討ちを演じ、相討ちとなって討死した。
088.川上久林       1576〜1625
島津家臣。忠堅の子。高城地頭。忠恒に
供し朝鮮へ渡った。関ヶ原の戦いでは、
井伊直政と戦い、叔父・忠兄、久智らと
ともに、小返しの五本鑓に数えられた。
089.川上忠兄   青糠  1561〜1622
島津家臣。忠智の次男。数多くの戦功を
立て、特に泗川の戦いでは、弟・久智と
ともに軍功を賞された。関ヶ原の戦いで
は小返しの五本鑓の一人に数えられた。
090.川上久智   百虎斎 ????〜????
島津家臣。忠里の養子。忠智の三男。泗
川の戦いでは兄・忠兄とともに功を賞さ
れた。関ヶ原の戦いでは小返しの五本鑓
の一人に数えられた。加治木で没した。
091.川上義久   道安  1438〜1521
島津家臣。兼久の五男。武蔵守と称す。
背が低かったため「島津小僧」と呼ばれ
た。文明年間、京において犬追物の検見
役を務め、足利義尚より偏諱を受けた。
092.川上忠商       1572〜1632
島津家臣。久政の次男。はじめ忠秀と名
乗る。慶長の役、関ヶ原の戦い、琉球出
兵に参加した。大坪流馬術の使い手で義
弘を弟子とした。のち越後坊と称した。
093.川上愛久   昌孫  1485〜1559
島津家臣。義久の三男。はじめ出家して
妙円寺に居たが忠昌の命で還俗した。高
江に住んでいたが、貴久に招かれて伊作
へ赴いた。弓馬の業を貴久へ相伝した。
094.川上経久   芳鱗  1509〜1592
島津家臣。愛久の子。貴久、義久に仕え
た。義久、義弘、久保に弓馬の業を相伝
した。高江に住んでいたが永吉に移住を
命じられ天正年間に永吉地頭を務めた。
095.川上倍久       1547〜1610
島津家臣。経久の子。武蔵守と称した。
鹿児島へ移った。1575年、島津義久
の代始めの犬追物の際、病のため検見で
きず子・久慶が代わり検見役を務めた。
096.川上久慶   芳安  1573〜1665
島津家臣。倍久の子。父より家伝である
弓馬の業を相伝した。朝鮮出兵に参加し
た。1621年の犬追物で検見役を務め
犬追物全書を抜書し十七問答を作った。
097.辺川忠直       ????〜1526
島津家臣。川上継久の子。加治木久平の
攻撃を帖佐平山城に拠って防ぎ、島津忠
昌より帖佐地頭に任じられた。島津実久
に属し、島津忠良に叛いたが討たれた。
098.川上将久       ????〜????
島津家臣。辺川忠直の子。諱は持久とも
いう。筑前守と称した。川上本家3代当
主・家久の三男・忠村を祖とする家系の
出身。父は実久に与し、忠良に敗れた。
099.川上忠光       ????〜????
島津家臣。将久の次男。出羽守、宮内大
輔と称した。はじめ出家して吉田津友寺
住職となった。のち、島津忠将が貴久に
所望して還俗し、忠将の家老となった。
100.川上忠実       1563〜1623
島津家臣。忠光の子。島津彰久の家臣。
沖田畷の戦いで、龍造寺右衛門大夫を討
ち取った。慶長の役の泗川会戦では泗川
古城を守備し、勝利に大きく貢献した。
101.佐多忠和       1477〜1521
島津家臣。佐多家7代当主。忠山の子。
伯耆守と称した。佐多家は島津家4代当
主・忠宗の三男・忠光を始祖とする。4
代・親久のとき給黎郡知覧郷に移った。
102.佐多忠成   半門斎 1498〜1549
島津家臣。佐多家8代当主。忠和の子。
島津運久の娘を娶った。伊集院一宇治城
攻め、市来平城攻め、本田薫親退治など
で、活躍した。娘は島津忠将に嫁いだ。
103.佐多忠将   牛賢  1517〜1596
島津家臣。佐多家9代当主。忠成の子。
知覧地頭。病身のため、弟・忠真が勤め
た。1550年、貴久鹿児島入部時に武
村を差し上げた。蒲生攻めで活躍した。
104.佐多久政       1546〜1587
島津家臣。佐多家10代当主。忠将の長
男。曽木城の戦い、高原城攻め、耳川の
戦い、矢崎城攻めなどで活躍。豊臣秀吉
の大軍を滝田城で迎え撃つが戦死した。
105.佐多久慶       ????〜1604
島津家臣。佐多家11代当主。久政の長
男。島津家久の次女を娶った。太閤検地
により知覧から川辺に転封となった。文
禄の役では、島津義弘に従い渡海した。
106.佐多忠充       1588〜1632
島津家臣。佐多家12代当主。久慶の長
男。父の代に父祖伝来の地・知覧から川
辺に転封されたが、1610年、知覧の
地頭に任命され、旧領復帰を果たした。
107.佐多久宗       ????〜????
佐多家臣。忠将の三男。民部少輔と称し
た。子に久英、久良がいる。佐多家は島
津家4代当主・忠宗の三男・忠光が大隅
国大隅郡佐多邑を領したことに始まる。
108.佐多久英       1577〜1662
佐多家臣。久宗の子。祖父・忠将の養子
となった。当主・久慶の軍代として慶長
の役に従軍。庄内の乱でも軍代として山
田城を攻めた。稲津の乱にも参戦した。
109.佐多久良       1581〜1661
佐多家臣。久宗の子。1597年、鹿児
島の島津忠長を訪問し、慶長の役への従
軍を求められ、朝鮮へ渡った。帰国後、
忠長の誘いに応じ、その家臣となった。
110.佐多忠真       ????〜????
島津家臣。忠成の次男。兵部少輔と称し
た。山門地頭。兄・忠将が幼少の頃より
病身のため代わって勤めた。佐多家は島
津家4代当主・忠宗の三男・忠光が祖。
111.佐多忠増       1562〜1641
島津家臣。忠真の子。高原城攻め、耳川
の戦い、矢崎城攻めなどで活躍。水俣城
攻めのときは百次地頭であった。八木正
信とともに入田氏を調略し味方とした。
112.佐多久福       ????〜????
佐多家臣。延久の子。周防守と称した。
知覧門之浦に居住した。天正年間に家臣
が海賊を働いたため、豊臣秀吉の怒りを
買い、宗家・久慶によって誅殺された。
113.佐多経久       1525〜1567
佐多家臣。猛久の養子。伊佐敷遊久の次
男。又七郎。備中守、宮内少輔と称す。
諱は恒久とも。1567年12月15日
に伊佐郡曽木天道尾の戦いで戦死した。
114.佐多久朝   安心  ????〜????
佐多家臣。経久の子。佐多久福が海賊を
働いて誅されたとき当主・久慶に罪が及
ばぬよう計らった。関ヶ原の戦いでは幼
少の当主・忠充の軍代として従軍した。
115.新納忠武       ????〜1521
新納家7代当主。忠明の子。大隅志布志
城主。北郷数久らと結んで、島津本家に
対抗した。島津忠昌が肝付兼久を攻める
と、兼久を援護して島津軍を撃退した。
116.新納忠勝   栖嵐斎 1491〜1549
新納家8代当主。忠武の子。大隅志布志
城主。度重なる戦で勢力を拡大したが、
1538年、島津忠朝、北郷忠相、肝付
兼続らの攻撃を受けて、所領を失った。
117.新納忠茂       1510〜1561
新納家9代当主。忠勝の子。父が所領を
失うと、母とともに船で山東へ逃れ伊東
氏を頼った。剃髪したのち、密かに鹿児
島へ向かい、貴久より日当山を賜った。
118.新納武久       1530〜????
新納家10代当主。忠茂の子。母は島津
忠興の娘。志布志で生まれた。水俣城の
戦いには先鋒として参陣した。日当山か
ら平泉に移った。日向富田地頭となる。
119.新納忠常       1512〜1541
豊州島津家臣。新納忠勝の子。父・忠勝
が肝付兼続らに所領を逐われると、とも
に日向福島市木に蟄居して、島津忠朝を
頼る。日向山東火柱の戦いで戦死した。
120.新納忠充   栖雲  1535〜1584
豊州島津家臣。新納忠常の子。母は島津
忠秋(忠朝の弟)の娘。島津忠親が伊東
氏に敗れて庄内へ逃れたときも従った。
のち、北郷時久を頼って梅北へ移った。
121.新納久徳   楚弓  1568〜1657
島津家臣。忠充の子。日向福島で誕生。
慶長の役に従軍。日置忠充より弓法相伝
を受け、弓法書を島津家久に進上した。
犬追物書、源氏物語なども献じている。
122.新納友義       ????〜????
新納家臣。是久の子。姉妹・常盤は島津
久逸の子・善久に嫁ぎ忠良を生んだ。の
ち常盤は相州家・運久に再嫁したため忠
良は相州家と伊作家を併せて継承した。
123.新納忠祐       ????〜1528
新納家臣。友義の子。左京亮と称した。
1528年、庄内冷水の戦いに新納忠勝
に従って出陣し、伊東義祐とその援軍・
北郷忠相を相手に戦ったが、戦死した。
124.新納祐久       ????〜????
新納家臣。忠祐の子。1538年、新納
本家が島津忠朝、北郷忠相、肝付兼続ら
の攻撃を受け志布志を逐われると、子・
忠元を伴って島津貴久の下に伺候した。
125.新納忠元   拙斎  1526〜1610
島津家臣。祐久の子。島津家の看経所に
名を残した4人のうちの1人。その戦い
振りから「鬼武蔵」の異名をとる。「二
才咄格式定目」を著して子弟を戒めた。
126.新納忠堯       1554〜1583
島津家臣。忠元の嫡男。肥後宝河内城攻
めが鑓初め。有馬氏救援のため、川上忠
堅とともに島原へ渡って、安徳城に入り
深江城を攻めたが奮戦及ばず討死した。
127.新納忠光       ????〜1603
島津家臣。忠堯の子。通称は次郎四郎。
母は上原尚近の娘。肝付兼寛の娘を妻と
した。八代において、島津義久の加冠で
元服した。人質として、2度上洛した。
128.新納忠清       1595〜1654
島津家臣。新納忠光の養子。新納忠増の
子。大口地頭を務めた。1632年、最
上義時とともに、琉球へ寇船来航につい
ての調査に赴く。島原の乱に参加した。
129.新納忠増       ????〜1608
島津家臣。忠元の次男。沖田畷の戦い、
豊後入り、肥後内乱鎮定、文禄・慶長の
役、関ヶ原の戦いなどに出陣して活躍し
た。大隅山田地頭となり、同地で死去。
130.新納忠澄   魚隠  ????〜1559
島津家臣。友義の子。叔父・島津忠良に
学問を教えた。志布志の新納家が滅ぶと
新納祐久に、忠良への仕官を斡旋した。
祐久の子・忠元は島津家の重鎮となる。
131.新納康久       ????〜????
島津家臣。忠澄の子。島津忠良の老中を
務め、島津実久方・大山内蔵介の拠る加
世田城攻めで活躍した。伊集院忠朗に代
わって薩摩市来鶴丸城を守備している。
132.新納又八郎      ????〜1561
島津家臣。康久の長男。肝付氏に奪われ
た廻城奪回のため、島津忠将に従って出
陣。竹原山の陣を救援に向かう途中で肝
付勢に囲まれ、忠将とともに戦死した。
133.新納久饒   遊甫  1547〜1624
島津家臣。康久の次男。薩摩隈城地頭。
軍師を務めた。肥後における龍造寺家、
阿蘇家との戦いで活躍し、1585年に
は肥後合志城を攻略する軍功をあげた。
134.新納長住   旅庵  1553〜1602
島津家臣。康久の子。朝鮮の役、関ヶ原
の戦いでは、島津義弘に従い活躍した。
関ヶ原の戦い後は、家康との交渉にあた
り、島津家の本領安堵のため奔走した。
135.新納忠雄   所印  1588〜1676
島津家臣。川上久辰の次男・川上忠紹。
母は頴娃兼朝の娘。新納長住(旅庵)の
養子となった。高城地頭。加治木へ移り
1676年同地で没した。享年89歳。
136.新納忠秀   慶雲  ????〜1640
島津家臣。康久の子。新納忠元の命で肥
後宝河内城を偵察し、同城攻撃の際に合
志玄宅を討ち取った。九州征伐では八代
で殿を務めた。朝鮮出兵にも従軍した。
137.新納久時       1548〜1607
島津家臣。忠清の嫡男。縫殿助と称す。
馬越城攻めで首級をあげた。川田義朗よ
り兵道を学んだ。天正年間に功が多く、
豊後入りでは大分郡方面の攻略を担当。
138.新納忠苗       ????〜????
島津家臣。市来城代。島津実久の与党。
1539年、島津貴久が市来城を攻撃し
たとき、これを迎え撃ち戦ったが、実久
の弟・忠辰が討たれるに及び開城した。
139.新納忠躬       ????〜????
島津家臣。常陸守と称す。実久の与党。
島津忠房とともに兵300を率いて市来
へ向かい、地頭・多田頼益を殺して城に
入った。島津貴久に攻められ降伏した。
140.樺山長久   宗栄  ????〜1522
島津家臣。樺山家7代当主。満久の子。
日向野々美谷城主。島津忠昌より日向島
津荘を与えられた。本拠を北郷忠相に譲
り堅利に移住した。その翌年死去した。
141.樺山広久       ????〜????
島津家臣。樺山家8代当主。長久の子。
信久とも。本田薫親に小浜などの所領を
奪われ長浜城に入った。島津忠良の家臣
となり勝久の攻撃を受けたが和解した。
142.樺山善久   玄佐  1513〜1596
島津家臣。樺山家9代当主。広久の子。
島津貴久の姉を娶った。島津家の大隅攻
略に大きく貢献した。近衛前久より古今
集を伝授され、「玄佐日記」を著した。
143.樺山忠副       1537〜1557
島津家臣。善久の長男。助太郎。母は島
津忠良の次女。忠良の加冠で元服した。
岩剣城の戦いに参陣。蒲生氏攻めで菱刈
重豊を破った際に傷を負いのち没した。
144.樺山忠助   紹剣  1540〜1609
島津家臣。樺山家10代当主。善久の次
男。蒲生攻め、禰寝氏支援、水俣城の戦
い、岩屋城の戦い、豊後入りなど諸戦に
従軍した。「樺山紹剣自記」を著した。
145.樺山規久       1557〜1593
島津家臣。樺山家11代当主。兵部大輔
を称す。忠助の子。家久に従い、耳川の
戦いでは高城を守った。沖田畷の戦い、
豊後入りにも参加。巨済島で病死した。
146.樺山忠征       1582〜1599
島津家臣。樺山家12代当主。規久の次
男。兄・鶴丸の病死で嫡男となり、父の
病死で家督を継いで、慶長の役に参陣し
た。帰国後すぐに伏見に赴き病死した。
147.樺山久高   玄屑  1560〜1634
島津家臣。樺山家13代当主。忠助の次
男。露梁津の戦いでは、李舜臣を戦死さ
せた。琉球遠征において総大将を務め、
首里城を占拠して、王子を捕虜にした。
148.樺山久守       1600〜1624
島津家臣。樺山家14代当主。弓太郎。
安芸守と称した。久高の子。母は上原右
衛門佐の娘。大坂冬の陣に参加した。薩
摩出水にて、25歳の若さで病死した。
149.北郷数久       ????〜1521
北郷家7代当主。義久の嫡男。日向都城
領主。志布志城の新納忠武を援けて梅北
城の島津忠明を攻めた。1504年、日
向山田を奪い、北郷久家を城主とした。
150.北郷忠相       1487〜1559
北郷家8代当主。数久の子。日向庄内城
主。飫肥城主・島津忠朝とともに伊東尹
祐と戦った。実久が忠良に降ると、忠広
とともに貴久の守護職復帰に尽力した。
151.北郷時久   一雲  1530〜1596
北郷家10代当主。庄内領主。島津忠親
の子。祖父・忠相の跡を継いだ。島津貴
久に従い、対伊東、肝付戦で活躍した。
九州征伐軍に降り、所領を安堵された。
152.北郷相久       1552〜1579
島津家臣。時久の長男。母は本田薫親の
娘。常陸介と称した。耳川の戦いで活躍
した。父・時久と不和になり安永金石城
で自刃した。家督は弟・忠虎が継いだ。
153.北郷忠虎       1556〜1594
島津家臣。北郷家11代当主。時久の次
男。兄・相久の自殺により嫡子となる。
隈本城防衛戦、肥後平定戦、筑紫侵攻作
戦などで活躍した。加徳島で病死した。
154.北郷忠能       1590〜1631
島津家臣。北郷家12代当主。忠虎の嫡
男。日向都城領主であったが、太閤検地
によって島津歳久の旧領・薩摩宮之城へ
移封された。庄内の乱ののち旧領復帰。
155.北郷三久       1573〜1620
島津家臣。時久の三男。兄・忠虎の子・
忠能が17歳になるまで北郷家の家督代
を務めた。伊集院忠棟死後の庄内の乱で
活躍し、北郷家の本領帰還を果たした。
156.北郷久村       ????〜????
島津家臣。時久の四男。北郷宗家当主・
忠能が幼少のため、名代として人質にな
り5年在京した。宗家の旧領復帰に伴っ
て都城に戻り、2000石を領知した。
157.北郷忠孝       ????〜1558
北郷家臣。忠相の次男。娘ははじめ島津
義弘に嫁ぎ、長女を生んだ。伊東氏と日
向飫肥新山において戦い戦死した。のち
娘は義弘と離縁し、北郷時久に嫁いだ。
158.北郷久厦       ????〜1558
北郷家臣。忠相の三男。蔵人。又五郎。
高城地頭を務めた。1558年3月19
日、曽於郡恒吉郷宮ヶ原において戦死し
た。子・久盛は耳川の戦いで戦死した。
159.北郷久盛       ????〜1578
島津家臣。久厦の子。蔵人。高城地頭を
務めた。耳川の戦いで討死した。この戦
いでは、久盛が自陣深くまで敵を引きつ
けていたため、勝利することができた。
160.北郷久家       ????〜1522
北郷家臣。近久の子。永正、大永年間に
日向諸県郡山田城を守った。1522年
4月26日に千余人を率いて伊東方諸県
郡梶山城を攻撃したが敗れて討死した。
161.北郷忠泰       ????〜1631
北郷家臣。久観の子。都城大岩田口地頭
を務めた。北郷三久に従い、庄内の乱に
出陣した。関ヶ原の戦いにも参加し、無
事に帰国。嫡子・忠俊の科で自刃した。
162.北郷久利       ????〜1642
北郷家臣。忠総の子。次郎兵衛。稲富流
砲術を大坂の浪人・稲富一夢斎に学ぶ。
主・北郷久加の命に背いたため誅殺され
た。父・忠総は北郷辰久の養子である。
163.北郷尚久       ????〜1523
北郷家臣。常久の子。北郷忠相が島津忠
兼より野々美谷城を与えられると城主と
なった。伊東尹祐らの攻撃を受けて、戦
死した。直後に尹祐も頓死したという。
164.山田忠時       ????〜1544
島津家臣。久親の子。播磨守、出羽守を
称した。大隅市成城主。1544年、肝
付兼続に居城を攻められて戦死し、7代
にわたって守ってきた市成城を失った。
165.石谷梅久   伝心  ????〜1536
島津家臣。町田家15代当主。梅吉の嫡
男。実久に属していたが、忠良の誘いで
寝返った。鹿児島を脱出して伊集院に向
かう途中、実久勢に囲まれて戦死した。
166.石谷忠栄       ????〜????
島津家臣。町田家16代当主。梅久の長
男。島津実久に属していたが、島津貴久
の誘いで寝返り、監視役の大寺資安を討
ち取った。石谷城の拡張整備を行った。
167.石谷久徳       ????〜????
島津家臣。町田家17代当主。忠栄の嫡
男。町田家は、島津家2代当主・忠時の
孫・忠継が祖。12代当主・高久より石
谷姓を称したが、のち町田姓に復した。
168.町田久倍   存松  ????〜1610
島津家臣。町田家18代当主。石谷久徳
の子。菱刈討伐で功をあげた。島津忠恒
元服の際、理髪役を務めた。義久の命で
歳久を討つ。島津宗家の家老となった。
169.町田久幸       ????〜1624
島津家臣。町田家20代当主。久倍の次
男。肥後家を継ぎ盛吉を名乗るが、兄・
忠綱の早世で町田家を継いだ。庄内の乱
では山田城を攻撃。家久の家老となる。
170.町田忠尚       1621〜1676
島津家臣。町田家21代当主。島津家久
の六男。母は宮原景辰の娘。町田久幸に
嗣子が無かったためその養子となった。
光久より、薩摩伊作の地頭職を賜った。
171.町田久政       ????〜1598
島津家臣。石谷久徳の三男。母は伊集院
久盈の娘。兄・久倍が大口地頭となると
地頭代を務めた。朝鮮出兵では大口衆を
率い渡海した。唐島の海戦で戦死した。
172.町田久則   石心  ????〜1676
島津家臣。久政の子。庄内の乱では山田
城の戦いで活躍した。関ヶ原の戦いに参
加し、退却の際に義弘を見失ったが無事
に帰国した。島津光久の家老を務めた。
173.石谷忠成       ????〜1561
島津家臣。梅久の次男。因幡守と称す。
島津貴久の命で島津忠将の家老となる。
廻城の戦いで忠将に従い竹原山の味方を
救援に向かう途中、馬立坂で戦死した。
174.町田久用       ????〜????
島津家臣。盛久の子。島津実久に属す。
実久が伊集院一宇治城を奪うと城代とし
て守った。島津忠良の誘降を拒絶したた
め城を留守にした隙に攻め落とされた。
175.町田忠林       ????〜1561
島津家臣。久用の子。島津忠将の家老。
廻城の戦いで、忠将が味方の加勢に向か
おうとするのを制止したが、忠将は聴か
なかったため、ともに突撃し討死した。
176.伊集院久盈      ????〜????
島津家臣。久景の子。島津忠昌に仕え、
犬追物の射手を務めた。島津勝久を他の
家臣とともに諌めたが、聞き入れられな
かったため出奔し、島津忠良に仕えた。
177.伊集院久慶      ????〜1567
島津家臣。石谷忠栄の三男。伊集院久盈
の養子となった。1567年の菱刈討伐
の際、西之原での菱刈勢との戦いで、市
来家利、平田加賀らとともに討死した。
178.伊集院忠光      ????〜????
島津家臣。久慶の子。諱は久光とも。伊
集院久宣が清武地頭となったのに伴い清
武へ赴く。伊集院久宣が豊後で戦死する
と清武城を守った。大姶良で病死した。
179.伊集院久武  竜好  ????〜????
島津家臣。忠光の子。刑部少輔と称す。
父の死後、富隈へ赴き島津義久の小姓と
なった。庄内の乱に参加した。関ヶ原の
戦いでは、上方に上って軍功をあげた。
180.伊集院久族      1563〜1633
島津家臣。伊集院家12代当主。久春の
長男。遠江守と称す。父に続いて飯野地
頭。阿蘇氏攻めで活躍し、朝鮮出兵にも
参加。伊集院本家・忠能の跡を継いだ。
181.伊集院倍久      ????〜????
島津家臣。頼久の四男。大和守流伊集院
氏の祖。相州島津家に宿老として仕え、
のちに伊集院氏が島津家中において強大
な権力を保持するための基礎を築いた。
182.伊集院忠公      ????〜????
島津家臣。倍久の長男。大和守と称す。
祖父・頼久は長男・煕久に島津家の家督
を継承させようとして島津久豊と争って
敗れ、倍久のとき相州島津家に従った。
183.伊集院忠朗  孤舟  ????〜????
島津家臣。忠公の子。島津忠良、貴久の
老中。生別府城攻略後、上井為秋らを、
黒川崎の戦い後、肝付兼演を降すなど、
薩隅国人の島津家への帰属に貢献した。
184.伊集院忠倉      ????〜????
島津家臣。忠朗の子。父とともに大隅加
治木城主・肝付兼演を黒川崎の戦いで破
り降伏させて、その所領の処理を担当し
た。のち貴久の老中となって活躍した。
185.伊集院忠棟  幸侃  ????〜1599
島津家臣。忠倉の子。義久の老中を務め
た。九州征伐軍にいち早く降伏し、豊臣
政権に接近を図った。のち、日向庄内に
8万石を得たが、島津忠恒に殺された。
186.伊集院忠真      ????〜1602
島津家臣。忠棟の子。父が島津忠恒に討
たれると都城に立て篭もり荘内の乱を起
こした。翌年、徳川家康の仲介で降伏す
るが、1602年、忠恒に殺害された。
187.伊集院忠胤      ????〜????
島津家臣。倍久の次男。重助、甚助。周
防介と称した。祖父・頼久は島津家8代
当主・久豊と争って敗れ降伏した。父・
倍久のとき相州島津家・忠良に従った。
188.伊集院久宣      1530〜1587
島津家臣。忠胤の三男。蒲生攻め、馬越
城攻め、高原攻めなどで功をあげ、清武
地頭となった。肥後攻めで活躍。豊後入
りでは家久軍に加わり、撤退中に戦死。
189.伊集院忠許      ????〜????
島津家臣。久宣の子。弥七。通称は吉右
衛門尉。1586年6月24日、佐土原
で元服。朝鮮出兵に参加。倍久の次男・
忠胤より始まる家系の3代目にあたる。
190.日置忠充       ????〜????
島津家臣。忠頭の子。豊州家・忠親、朝
久に仕えた。耳川の戦いでは高城を守っ
た。射術に長け、門人に伊東家の残党が
多くいたため、宮崎を召し上げられた。
191.日置忠光       1540〜????
島津家臣。新納久明の次男。忠充の養子
となった。豊州家に仕えた。伊東氏に新
山城を攻められ戦死した。柏原公倍の妻
となっていた娘が戻って家督を継いだ。
192.春成久正       ????〜1559
島津家臣。久清の子。加世田攻めで活躍
し、加世田地頭となった。忠良が作った
『いろは歌』を携えて上洛し、近衛稙家
に添削を依頼した。飫肥城で戦死した。
193.伊集院久通  魯笑  ????〜1587
島津家臣。治部少輔を称した。牛根、踊
等の地頭。岩剣城下の星原の戦いで貴久
に出撃を注進して容れられ、700余人
を打ち取った。高原城攻めに参加した。
194.伊集院久治  抱節  1534〜1607
島津家臣。久通の次男。肥後合志城攻め
で大津源左衛門を一騎打ちで破るなど、
数々の戦いで軍功をあげた。老中となる
が義久との意見の対立から職を辞した。
195.伊集院久春  元巣  1545〜1616
島津家臣。久次の子。諱は初め久信。横
川攻め、馬越城攻めなどで活躍した。横
川地頭となり義弘の家老を務めた。晩年
には朝鮮出兵、庄内の乱にも参加した。
196.廻久元        ????〜????
島津家臣。廻家15代当主。光清の子。
島津忠将が大隅へ進出すると与力となっ
た。盲目となり、嫡男・頼貞幼少のため
肝付兼続の攻撃を受け居城を奪われた。
197.敷根頼賀   休世  1513〜1596
島津家臣。頼愛の子。備中守と称す。島
津貴久の蒲生攻めに参加し敷根を安堵さ
れた。肝付家の攻撃を防ぎ島津義久から
賞された。太閤検地で垂水田上へ転封。
198.敷根頼兼       1533〜1578
島津家臣。頼賀の子。敷根氏は土岐光定
が大隅敷根村に下向したことに始まる。
国房のとき乱を避けて球磨に逃れたが、
子・頼房が戻って、敷根を苗字とした。
199.敷根頼元       1566〜1598
島津家臣。頼兼の子。八代に在陣した。
島津義久の上洛に従った。文禄・慶長の
役で渡海するが、泗川の戦いののち、南
海への移動中に船が転覆して溺死した。
200.敷根立頼       1585〜1627
島津家臣。島津忠長の三男。頼元の養子
となり敷根氏を継いだ。父の名代として
江戸へ人質として赴いた。家康の死に際
しては遺品を拝領した。文之に学んだ。
201.比志島義基      ????〜????
島津家臣。比志島本家・義弘の子。馬越
城攻め、高原城攻め、肥後侵攻などで活
躍した。豊後入の際は船大将として島津
水軍を率い海から豊後を直接攻撃した。
202.比志島国貞      ????〜1620
島津家臣。比志島家庶流・国真の子。薩
摩市来、日向高岡地頭。義久、家久の老
中。耳川の戦い、合志攻めなどに出陣し
た。薩摩藩の基礎を築くため尽力した。
203.川田義朗   牛室  ????〜1595
島津家臣。川田家12代当主。義秀の養
子。比志島義貞の子。駿河守と称す。川
田のち垂水地頭。伊集院忠朗に兵学を学
んだ。島津義久の軍師として活躍した。
204.川田国鏡       ????〜????
島津家臣。川田家13代当主。義朗の養
子。比志島国真の子。大膳亮と称した。
日向穆佐地頭。関ヶ原の戦いの際、稲津
重政に居城を攻撃されたが守り抜いた。
205.西俣盛家       ????〜1554
蒲生家臣。武蔵守と称す。祁答院良重の
居城・岩剣城が島津貴久の攻撃を受ける
とこれを救援したが、守り切れずに戦死
した。西俣家は比志島家の庶流である。
206.畠山昭国       ????〜????
畠山尚順の子。頼兼。父・尚順は、明応
の政変の際に紀伊に逃れたが、反撃に転
じて畠山義豊を討った。大内義興の上洛
に呼応して戦い、実権の回復を図った。
207.畠山頼国   橘陰軒 ????〜1585
島津家臣。昭国の子。中務少輔と称す。
京都今出川に住み、足利義輝に仕えた。
天文年間に薩摩に下向し、坊津に居住し
た。30年余にわたり島津氏に仕えた。
208.長寿院盛淳      1547〜1600
島津家臣。畠山頼国の子。高野山、根来
寺で修業し鹿児島安養院の住職となる。
のち島津義弘の家老となり、関ヶ原の戦
いでは義弘の影武者となって戦死した。
209.救仁郷頼世      ????〜1538
新納家臣。蓬原城主。1538年、新納
氏は島津実久方の諸将に攻撃され、志布
志城を逐われたが、その際に蓬原城も肝
付兼続の攻撃を受けて落城し戦死した。
210.平田純貞   純喜  ????〜1572
島津家臣。治部少輔と称した。貴久に仕
えた。1571年に貴久が没すると、菩
提を弔うために全国66か国を回った。
翌年に帰国し、海に飛び込み殉死した。
211.平田純昌   安処  ????〜????
島津家臣。純貞の子。通称は九郎右衛門
尉。父・純貞の出自不詳。源姓または藤
原姓という。古来は牛屎院、太良院を領
して平良氏を称し、のち平田に改めた。
212.平田兼宗   洞印  ????〜????
島津家臣。平田家4代当主。氏宗の子。
島津立久、忠昌の2代にわたり老名を務
めた。1495年、島津忠昌に叛き島津
忠朝に居城の大隅岩弘城を落とされた。
213.平田貞宗       ????〜????
島津家臣。平田家5代当主。兼宗の子。
平田家は平宗盛の三男・宗正の子・信宗
の後裔・親宗を祖とする。以降重宗、氏
宗、兼宗、貞宗、昌宗と累代している。
214.平田昌宗   春爐  ????〜1579
島津家臣。平田家6代当主。貞宗の子。
串良を領したが、島津勝久没落の際に出
奔し、末吉に住んだ。島津貴久に召し出
され老中を務めた。帖佐地頭となった。
215.平田光宗   舜蘆  1529〜1605
島津家臣。平田家7代当主。宗秀の次男
で昌宗の養子となる。島津義久の老中。
郡山に居住した。帖佐、八代の地頭とな
る。八代城を守り、堅志田攻めで活躍。
216.平田歳宗       ????〜1598
島津家臣。平田家8代当主。光宗の子。
島津義久の老中を務めた。阿蘇方の肥後
堅志田城攻めに参加した。根白坂の戦い
では父とともに戦った。朝鮮で没した。
217.平田増宗       1566〜1610
島津家臣。平田家9代当主。歳宗の子。
義久の老中。穆佐のち清敷地頭。関ヶ原
の戦い後、義弘夫人と忠恒夫人を救出し
た。謀叛の疑いで忠恒により殺された。
218.平田宗次       1586〜1602
島津家臣。増宗の子。通称は新四郎。母
は上井覚兼の娘。日向野尻において、島
津忠恒の放った刺客によって、殺害され
た。伊集院忠真と間違われたともいう。
219.平田宗親       1571〜1612
島津家臣。歳宗の子。島津家の家老を務
めた。吉松地頭。兄・増宗の遺志を継い
で、義久の娘と島津彰久の子・忠仍の擁
立を図った。家久に切腹を命じられた。
220.平田宗勝       ????〜1541
島津家臣。氏宗の次男。筑前守を称す。
島津忠廉に従い、数々の戦いで功をあげ
た。日向火柱合戦で島津忠広に従って伊
東義祐と戦ったが、大敗して戦死した。
221.平田宗仍       1493〜1558
島津家臣。日置久遂の次男で宗勝の養子
となる。末吉地頭。飫肥業毎ヶ辻の戦い
で伊東勢を撃破した。恒吉宮ヶ原の合戦
に参陣し、子・宗徳とともに戦死した。
222.平田宗徳       ????〜1558
島津家臣。宗仍の子。通称は新左衛門、
虎五郎。1558年、父・宗仍に従って
恒吉宮ヶ原の合戦に参加し肝付勢と戦っ
たが3月19日に父とともに戦死した。
223.平田宗応       ????〜1600
島津家臣。宗徳の子。1577年、日向
木脇城主となった。北上戦では山田有信
らとともに日向口担当の島津家久の軍勢
に加わった。関ヶ原の戦いで戦死した。
224.平田宗弘       1589〜1658
島津家臣。宗応の次男。母は吉利久金の
娘。兄の戦死により家督を継ぐ。羽月、
野尻の地頭。御使役を務めた。1637
年、島原の乱には三原附衆で出兵した。
225.平田宗知   悦山  ????〜????
島津家臣。宗頼の子。安房介と称した。
谷山山田を領知した。墓所は加世田龍徳
院にある。子・宗秀は島津実久に属した
が、島津日新斎の誘いに応じ降伏した。
226.平田宗秀       ????〜1554
島津家臣。宗知の子。備中守を称す。薩
州島津家・実久に属し、薩摩苦辛(くら
ら)城を守った。次男・光宗は平田宗家
当主・昌宗の養子となり家督を継いだ。
227.平田宗茂       ????〜????
島津家臣。宗秀の子。薩摩苦辛城主。安
房守を称す。薩州島津家・実久に属して
いたが、1539年、島津忠良に降伏し
た。島津忠良の老中となって活躍した。
228.平田宗張       ????〜1587
島津家臣。宗茂の子。島津家が伊藤義祐
を日向から駆逐したのち穂北地頭となっ
た。豊後侵攻戦では、新納忠元らととも
に肥後口を担当する島津義弘に従った。
229.平田宗衡       ????〜1619
島津家臣。宗張の子。岩屋城の戦いで上
井覚兼に従って戦い負傷した。島津忠恒
に従って朝鮮に渡り、泗川の戦いに参加
した。阿多地頭、恒吉地頭を歴任した。
230.平田清宗       ????〜1534
島津家臣。右馬介と称す。島津勝久の老
名を務めた。1534年8月14日、島
津忠良方の永吉城攻めで敗れて、戦死し
た。平田兼宗らとは異なる一族の出身。
231.平田宗継       ????〜????
島津家臣。下七島宝島郡司。1609年
に、島津家久が琉球征服のため出兵する
と水先案内役を務めた。平田家は薩摩か
ら琉球に渡る船の先導役を務めていた。
232.禰寝忠清       ????〜????
禰寝家13代当主。根占領主。重清の嫡
男。島津忠昌より偏諱を受けて尊清から
忠清に改めた。和歌に通じ、上洛時に詠
んだ一首を後柏原天皇より褒められた。
233.禰寝重就       ????〜????
禰寝家14代当主。根占領主。忠清の嫡
男。式部大輔を称した。娘は島津家14
代当主・勝久に嫁いだ。禰寝家は平重盛
の曾孫・清重が祖というが確証はない。
234.禰寝清年       ????〜????
禰寝家15代当主。根占領主。重就の嫡
男。島津忠朝らとともに島津勝久と島津
忠良の和解を図ったが失敗。肝付兼続か
ら大隅高隈城を譲られるが奪回された。
235.禰寝重長       1536〜1580
禰寝家16代当主。根占領主。清年の嫡
男。肝付家に従ったが島津家との裏交渉
も行い、のちに単独降伏して肝付家に攻
められるが、島津家の加勢で撃退した。
236.禰寝重張       1566〜1629
禰寝家17代当主。根占領主。重長の嫡
男。安芸守と称す。朝鮮出兵では自らは
出陣せず、家臣のみを送った。そのため
太閤検地ののち薩摩吉利に転封された。
237.種子島忠時      1468〜1536
種子島家12代当主。時氏の子。琉球王
尚真の許可を得て、琉球と交易を行う。
1524年には屋久島に楠川城を築き、
島津家と結んで領内の安定化に努めた。
238.種子島恵時      1503〜1567
種子島家13代当主。忠時の子。島津忠
良に味方し薩摩市来城攻めなどで活躍。
弟・時述と結んだ禰寝清年に攻められ、
屋久島を奪われたが、翌年に奪還した。
239.種子島時堯      1528〜1579
島津家臣。種子島家14代当主。恵時の
子。種子島に漂着したポルトガル船から
鉄砲を入手し国産化に成功した。島津貴
久に属して、蒲生攻めなどに加わった。
240.種子島久時      1568〜1611
島津家臣。種子島家16代当主。時堯の
次男。兄・時次が早世したため、島津義
久の加冠で家督を継いだ。小田原征伐、
慶長の役などで鉄砲隊を率い活躍した。
241.種子島時述      ????〜1543
種子島家臣。忠時の庶子。同母兄・恵時
の浪費癖を諌めたが聞き入れられなかっ
たため、謀反して、誅せられた。時述の
子・時連は、のち島津氏家臣となった。
242.肥後盛治   恕清  ????〜1537
島津家臣。盛盈の子。下大隅高城6町を
領す。伊集院竹ノ山地頭となり島津実久
に属す。1537年、島津忠良に竹ノ山
塁を包囲され、塁を放火して自害した。
243.肥後盛真   一清  ????〜????
島津家臣。盛治の子。駿河守と称した。
肥後氏は種子島氏の庶流で、盛真の家系
は種子島氏初代・信基の子・信家の裔。
信家の7代後の信盛が肥後氏を称した。
244.肥後盛秀       1560〜1611
島津家臣。盛真の子。権之丞。1592
年、家督を従弟・山城守の継嗣である助
太郎盛吉に譲渡した。1611年、島津
義久に殉死した15人のうちのひとり。
245.肥後盛家       ????〜????
島津家臣。盛治の三男。周防守と称す。
島津実久に属したが、島津貴久に降り、
鹿児島郡花棚村、鳥越村、磯村を拝領し
た。豊後退却戦では島津歳久に従った。
246.八木信貞       ????〜????
島津家臣。信盛の子。主君・勝久の没落
で流浪するが、貴久によって鹿児島に知
行を得た。菱刈攻めで抜群の功。禰寝重
長に降伏を促し、大隅平定に貢献した。
247.八木正信   嘉笠  ????〜????
島津家臣。信貞の子。豊後侵攻戦におい
て島津家久軍の先鋒を務め、戸次川の合
戦では長宗我部信親を討ち取った。島津
義久の剃髪時に嘉笠の号を与えられた。
248.八木豊信       ????〜1627
島津家臣。正信の子。右筆となる。父と
ともに『和漢朗詠集』を書き、近衛伊尹
に披露した。後陽成天皇が叡覧し勅書が
あったともいう。大坂蔵奉行を務めた。
249.八木信元       ????〜1600
島津家臣。信貞の子。新四郎。1593
年、島津忠恒の渡海に従った。関ヶ原の
戦いに参加し、薩摩への帰途豊後沖での
海戦で黒田家番船に乗り込み戦死した。
250.有川貞真       ????〜1593
島津家臣。貞則の子。鹿児島代官・貞末
の弟。雅楽助と称す。島津義弘の飯野城
時代の家老。木崎原の戦いでは、飯野城
を守備した。朝鮮へ出陣中に病没した。
251.伊勢貞成       1569〜1607
島津家臣。有川貞真の長男。島津義弘の
家老。朝鮮出兵、関ヶ原の戦いなどで活
躍した。寺沢家との婚約破談の使者とな
るが、寺沢家中の反感を買い殺された。
252.伊勢貞昌       1570〜1641
島津家臣。有川貞真の次男。島津家久の
家老。伊勢貞興の跡を継いだ。江戸初期
の薩摩藩政を主導した名宰相で、大名妻
子在所制を老中・土井利勝に進言した。
253.山田有親       ????〜1533
島津家臣。有俊の嫡男。薩摩日置城主。
島津実久に属した。1533年、日新斎
に所領を献じ降伏したが、異心ありと見
られ討たれた。のち潔白が証明された。
254.山田有徳       ????〜????
島津家臣。有親の嫡男。父は島津忠良に
降ったが、異心ありと見られ討ち取られ
た。のち、潔白が証明され、有徳が日置
城代となった。山田家は平貞盛の末裔。
255.山田有信   理安  1544〜1609
島津家臣。有徳の嫡男。伊東家が日向を
去ったのち高城主となる。耳川の戦いで
は大友家の大軍から居城を守り抜き勝利
に貢献した。以後も各地の合戦で活躍。
256.山田有栄   昌巌  1578〜1668
島津家臣。有信の嫡男。大隅福山地頭。
九州征伐後、人質として豊臣秀長の下に
赴いた。慶長の役、庄内の乱、関ヶ原の
戦いで活躍。のち薩摩出水地頭となる。
257.東郷重朗       ????〜????
東郷家13代当主。重信の嫡男。東郷家
は渋谷光重の次男・実重を始祖とする。
光重には6人の男子があり、長男を除く
5人を薩摩に下向させた(渋谷五族)。
258.東郷重治       ????〜????
東郷家14代当主。重朗の嫡男。肝付兼
演が島津方の吉田城を襲撃しようとした
とき、入来院重朝、祁答院良重らととも
にこれに加わったが、敗れて謝罪した。
259.東郷重尚       ????〜????
東郷家15代当主。重治の養子。菱刈重
州の三男。1570年、島津貴久に降り
東郷を安堵された。嗣子が無かったため
貴久の四男・家久の次男を養子とした。
260.東郷重虎       1574〜1621
東郷家16代当主。島津家久の次男。東
郷重尚の養子となり、東郷家を継いだ。
薩摩鶴ヶ岡城から、日向佐土原に所替と
なり、島津家に戻って忠直を名乗った。
261.高城重隆       ????〜????
東郷家臣。高城家初代当主。東郷重理の
庶子。永正年間、甥・東郷重朗が薩摩高
城郡高城郷を併合した際、これを与えら
れて高城妹背城に入り高城氏を称した。
262.高城重誠       ????〜????
東郷家臣。高城家2代当主。重隆の子。
高城妹背城主。東郷宗家に逐われ、高城
を奪われたため、入来院氏の家臣となっ
た。高城家は東郷重理の子・重隆が祖。
263.白浜重政       ????〜1587
島津家臣。重賢の子。島津義久の奏者を
務めた。北上戦では家久に従い日向口か
ら豊後へ侵攻した。豊後鶴崎城からの撤
退中、吉岡統増の母の計略で戦死した。
264.瀬戸口為治      ????〜????
島津家臣。1551年の岩剣城の戦いで
島津義久の旗指役を務めた。子・東郷重
位は、善吉和尚に剣の奥義を学び、示現
流を開いて薩摩藩の剣術指南となった。
265.瀬戸口重治      ????〜????
島津家臣。為治の次男。朝鮮出兵の際は
島津義弘の供をした。のち、姓を東郷に
改めた。弟・重位は剣の奥義を学び示現
流を開いて薩摩藩の剣術指南となった。
266.東郷重位       1561〜1643
島津家臣。瀬戸口為治の子。島津家久に
従って上洛した際、天寧寺善吉和尚に剣
の奥義を学び示現流を創始した。義久、
忠恒に仕え薩摩藩の剣術指南になった。
267.祁答院重度      ????〜????
祁答院家10代当主。徳重の子。祁答院
領主。相良為続の援軍として八代城主・
名和顕忠を討った。1485年入来院重
聡らとともに島津氏の諸城を攻略した。
268.祁答院重貴      ????〜????
祁答院家11代当主。重度の子。祁答院
領主。1485年渋谷一族は島津氏と戦
い、水引城、碇山城を落とした。祁答院
家は渋谷光重の三男・重保を祖とする。
269.祁答院重武      ????〜1538
祁答院家12代当主。重貴の子。祁答院
領主。1529年、帖佐、山田を攻略し
た。1535年、実久に逐われた島津勝
久を庇護し守護復帰を図るが失敗した。
270.祁答院良重      ????〜1566
祁答院家13代当主。重武の子。祁答院
領主。島津貴久と戦ったが、居城・岩剣
城を落とされ祁答院に逃れた。のち、妻
(島津義虎の娘)によって殺害された。
271.祁答院重経      ????〜1554
良重の長男。父が島津貴久に居城・岩剣
城を攻められると、蒲生軍とともに救援
に向かい平松で島津軍と戦ったが敗れ、
蒲生家臣・西俣盛家とともに戦死した。
272.祁答院重種      ????〜1600
祁答院家14代当主。良重の次男。祁答
院領主。父の死後も永野城を守っていた
が、1569年、島津義久に攻められて
降伏した。庄内の乱に参戦し戦死した。
273.入来院重聡      ????〜????
入来院家11代当主。重豊の嫡男。中薩
を支配した。娘は島津貴久に嫁ぎ義久、
義弘、歳久を生んでいる。島津忠良に協
力して、島津実久との戦いで活躍した。
274.入来院重朝      ????〜????
入来院家12代当主。重聡の嫡男。島津
忠良と島津実久の戦いでは忠良側につき
戦ったが、勢力拡大を恐れた貴久から、
所領を没収され、以降は貴久と戦った。
275.入来院重嗣      ????〜????
入来院家13代当主。重朝の嫡男。広大
な所領を持ち、独自に行動していた。祁
答院氏が没落したのちの1569年、東
郷重尚とともに、島津義久に降伏した。
276.入来院重豊      ????〜1583
島津家臣。入来院家14代当主。重嗣の
嫡男。日向平定戦で活躍した。入来院領
と山田領との境界を決める丈量において
島津義久に不当を訴え本領安堵を得た。
277.入来院重時      ????〜1600
島津家臣。入来院家15代当主。重豊の
養子。島津以久の次男。太閤検地後、湯
之尾に転封された。関ヶ原の戦いに参加
したが、帰国の途上、近江で討死した。
278.入来院重高      ????〜????
島津家臣。入来院家16代当主。島津義
虎の五男。はじめ頴娃久音の跡を継いで
久秀を名乗った。関ヶ原の戦いののち、
入来院重時の跡を継いで当主となった。
279.村尾重侯       ????〜????
島津家臣。重全の子。木崎原の戦いでは
遠矢下総らとともに本地原に伏兵として
布陣し軍功をあげた。庄内の乱では新納
忠元らとともに大隅山田城を攻略した。
280.伊地知重周      ????〜????
伊地知家7代当主。重弘の子。縫殿介と
称す。島津本家の老名を務めた。伊地知
家は秩父重弘の孫・重光が越前伊知志に
住んで地名を苗字としたことに始まる。
281.伊地知重武      ????〜????
伊地知家8代当主。重周の子。大隅小浜
領主。周防守と称す。1539年の市来
攻めでは、島津忠良に従っている。伊地
知家は秩父重弘の孫・重光を祖とする。
282.伊地知重興      1528〜1580
伊地知家9代当主。重武の子。大隅小浜
城主。肝付家、禰寝家と結んで島津家に
対抗したが、島津歳久に居城を落とされ
降伏した。以後島津家に属し活躍した。
283.伊地知重貞      ????〜1527
島津家臣。重次の子。大隅加治木地頭。
桂庵玄樹に師事し『大学章句』を刊行し
た。1527年、島津昌久とともに日新
斎に対して反旗を翻したが、討たれた。
284.伊地知重辰      ????〜1529
島津家臣。重照の子。民部少輔と称す。
島津忠良が帖佐の島津昌久を滅ぼしたの
ち、帖佐平山城を守ったが、1529年
祁答院重武の攻撃を受けて、戦死した。
285.蓑輪重澄       ????〜????
島津家臣。重親の子。大隅北村城攻めの
際、窮地に陥った島津貴久を救援した。
1577年までの島津家の合戦について
記した『蓑輪伊賀入道自記』を著した。
286.伊地知重秀      ????〜1594
島津家臣。久純の子。島津義久の奏者を
務め、上井覚兼とともに天草などへ使者
として赴いた。耳川の戦いや沖田畷の戦
いなど数多くの合戦に従軍し活躍した。
287.本田親尚       ????〜????
島津家臣。宗親の嫡男。島津勝久の老名
を務めた。1525年、本田兼親を讒し
て、橘木城を攻め取った。翌年には、島
津忠良の下に赴き叛将討伐を要請した。
288.本田親貞   三省  ????〜1596
島津家臣。親尚の子。島津義久の老中を
務めた。1583年に遊行上人と交渉し
1585年には琉球と交渉した。緒方城
攻め、根白坂の戦いなどに従軍し活躍。
289.本田親信       ????〜????
島津家臣。兼久の子。島津貴久の老中を
務めた。当初は島津勝久に従ったと思わ
れる。大隅守護代本田氏とは異なる系譜
の出身で、本田親尚の大叔父にあたる。
290.本田兼親       ????〜????
島津家臣。国親の子。大隅守護代と老名
を兼務し、大きな権力を握っていたと思
われる。1473年、島津立久より日向
須木を攻めるための軍勢を催促された。
291.本田薫親       ????〜????
島津家臣。兼親の孫か。大隅清水城主。
姫城主・本田実親を攻めたために島津貴
久の命を受けた伊集院忠朗に攻撃され降
伏した。のち再び叛き、同様に敗れた。
292.本田親兼       ????〜????
島津家臣。薫親の嫡男。大炊大夫と称し
た。父が島津貴久の命を受けた伊集院忠
朗に本拠・大隅清水城を落とされたとき
父とともに日向庄内に出奔したという。
293.本田公親       ????〜????
島津家臣。親兼の嫡男。大炊大夫と称し
た。大隅曾於郡の地頭。1595年、島
津義久が隠居して大隅富隈城へ移ったの
ち老中を務めた。慶長の役に従軍した。
294.本田親治       ????〜????
島津家臣。親知の子。日向飫肥地頭。耳
川の戦いで討死した。この戦いでは親治
が大友方・田北鎮周勢を自陣深くまで引
きつけていたため、勝つことができた。
295.本田正親       ????〜????
島津家臣。親治の子。因幡守と称す。薩
摩加世田地頭。1599年、薩摩出水初
代地頭となり、麓の整備を開始した。こ
の整備には、30年を費やしたという。
296.本田親政       ????〜1639
島津家臣。盛親の子。伊賀守と称した。
国分の士。庄内の乱、関ヶ原の戦いなど
に従軍した。1611年、甑島の初代移
地頭に任命され1619年に入島した。
297.指宿忠政       1543〜1625
島津家臣。忠次の子。豊臣秀吉の九州征
伐の際は山田有信に従い高城を守った。
関ヶ原の戦いでは山田有栄に従い、敵中
突破の退却戦を経て、無事に帰還した。
298.別府忠親   伴樵  1467〜????
島津家臣。別府家11代当主。島津実久
に属し、加世田別府城の戦いで島津忠良
に敗退したが、忠良とは歌友の誼であっ
たため、別府家を継ぐことを許された。
299.阿久根良照      ????〜????
薩州島津家臣。阿久根家14代当主。島
津忠辰が所領を没収されると、高城郡に
隠棲した。阿久根家は9代良忠以来薩州
島津家に仕えて阿久根地頭を世襲した。
300.木脇祐昌       ????〜1585
島津家臣。祐定の子。忠良のもとで蒲生
家との北村の戦いにおいて軍功をあげ、
義久のもとでは禰寝家を調略した。肥後
花山を防衛中に阿蘇家に攻められ戦死。
301.木脇祐秀       1577〜1619
島津家臣。祐昌の次男。「今弁慶」の異
名をとった。兄・祐吉の戦死により家督
を継いだ。島津義弘に従い、慶長の役、
関ヶ原の戦いで活躍した。義弘に殉死。
302.木脇祐兄       ????〜????
島津家臣。1527年、島津実久が島津
勝久を奉じて鹿児島の島津貴久を攻撃し
た際、幼い貴久を敵の追撃から守り切っ
て田布施へ脱出させた八人の内の一人。
303.鮫島宗勝       ????〜????
頴娃家臣。因幡守と称す。肝付姓頴娃家
6代当主兼堅のころ、頴娃12町の地頭
であり、頴娃四家老の一人であったと伝
わる。頴娃家は、肝付家の庶流である。
304.鮫島宗政       ????〜1658
川辺郡加世田郷小松原の人。朝鮮出兵に
従い、帰国後、家督を弟・宗行に譲り、
万之瀬川河口に近い小松原港を拠点に貿
易を始め、小松原繁栄の基礎を築いた。
305.井尻宗憲       ????〜1575
島津家臣。祐元の子。神力坊。島津忠良
の依頼で、全国66か国に66部ずつ計
4356部の法華経を奉納した。忠良の
没後に帰国し、1575年に殉死した。
306.井尻祐宗       ????〜1576
島津家臣。九郎次郎。島津貴久が島津実
久の攻撃を受けた際、貴久を敵の追撃か
ら守り切って田布施へ脱出させた八人の
内の一人。日向高原攻めで、戦死した。
307.井尻祐秀       ????〜1540
島津家臣。祐能の子。四郎左衛門尉。島
津忠良は島津実久方の南薩の拠点・加世
田城を1539年の大晦日に急襲し翌日
に陥落させたが、この戦いで戦死した。
308.加治木久平      ????〜????
加治木城主。満久の子。1496年、島
津忠昌に叛いて帖佐城を攻めたが、辺川
忠直の防戦に阻まれ退却した。翌年、忠
昌に居城を攻められ、阿多に逼塞した。
309.村田経定       ????〜????
島津家臣。武秀の嫡男。島津貴久、義久
の老中を務めた。大隅北村城攻めで活躍
し、大隅吉田地頭となった。野村是綱暗
殺の容疑で罷免されたが翌年許された。
310.村田秀久       ????〜????
島津家臣。経定の養子。新納忠茂の子。
島津貴久、義久に仕えた。村田家は島津
本家・忠兼から相州家・貴久への家督移
譲に伴い、相州家へ転じたとみられる。
311.村田経平       ????〜1584
島津家臣。秀久の嫡男。薩摩郡山地頭。
一時、義久の老中を務めた。1583年
野村是綱暗殺の容疑で祖父・経定ととも
に罷免されたが、翌年には赦免された。
312.一条康政       ????〜1572
土佐一条家臣。房冬の子。房基の子とも
いう。当主・兼定を後見した。鳥坂山合
戦で宇都宮豊綱らとともに河野、毛利軍
と戦い敗れた。伊予戸嶋城で戦死した。
313.橋口季弘       1556〜1612
島津家臣。一条康政の子。父が伊予戸嶋
城で戦死したのち、大友宗麟の招聘で豊
後に移った。1574年、矢房大明神の
夢想を蒙り、甑島郷下甑島へ下向した。
314.菱刈重副       ????〜????
菱刈家13代当主。重時の子。1528
年、牛屎院のうち青木、長尾村を島津勝
久から与えられた。菱刈家は菱刈へ入部
以来、相良家とは友好な関係であった。
315.菱刈重州   天岩  ????〜????
菱刈家14代当主。重副の子。1529
年、島津明久と羽月大島で戦い、これを
討った。翌年には相良義滋と結び大口城
の島津忠明(明久の父)を自刃させた。
316.菱刈重猛       1532〜1566
菱刈家15代当主。重州の子。蒲生合戦
では蒲生範清に属し島津貴久と戦った。
のち島津家に降り、島津家が北原家を攻
撃した時は島津方に属し軍功をあげた。
317.菱刈重広       ????〜????
菱刈家16代当主。重猛の嫡男。父が死
ぬと、叔父・隆秋とともに島津義久と戦
うが敗れて降伏し太良院を与えられた。
のち謀反の咎で本拠・曽木を逐われた。
318.菱刈隆秋       ????〜????
大隅菱刈院の豪族。重州の庶子。甥・鶴
千代(重広)を擁し、島津義久に対抗。
堂ヶ崎の戦いでは相良家と結び島津義弘
を撃退するが、1569年に降伏した。
319.蒲生宣清       ????〜1497
蒲生家14代当主。久清の子。父の早世
により幼くして家督を継いだ。島津季久
に蒲生を逐われ、島津忠昌に仕えた。の
ち働きを認められ旧領復帰を果たした。
320.蒲生充清       ????〜????
蒲生家15代当主。宣清の子。種子島忠
時に嫁いだ姉の子・茂清を長女の婿に迎
え嗣子とした。死後、茂清が家督を継い
だが男子・清親が生まれ対立が生じた。
321.蒲生茂清       1505〜1550
蒲生家16代当主。充清の養子。種子島
忠時の子。島津勝久の攻撃を受けたが、
撃退した。肝付兼演が島津貴久に攻めら
れると兼演を援けたが敗れて謝罪した。
322.蒲生範清       ????〜????
蒲生家17代当主。茂清の嫡男。岩剣城
の戦いでは祁答院良重を援けて戦ったが
敗北した。以後も、島津貴久の降伏勧告
を撥ねつけて戦ったが遂には降伏した。
323.蒲生清親       ????〜????
島津家臣。蒲生家18代当主。美濃守を
称す。充清の子。兄・茂清との内訌で島
津家に属した。茂清の子・範清が島津家
に敗れた後、蒲生宗家の家督を継いだ。
324.北村清康       ????〜????
蒲生家臣。伯耆守と称した。北村城主。
1555年居城を島津貴久に攻められた
が弟子丸播磨守らを討ち取り大勝した。
蒲生城が陥落すると島津氏に降伏した。
325.赤塚真賢       1542〜1633
島津家臣。重徳の子。源太左衛門。島津
義弘に従って飯野へ移り、1576年小
林の地頭兼足軽大将となった。1595
年義弘の命により大隅蒲生城に移った。
326.鎌田政盛       ????〜????
島津家臣。政年の子。筑前守と称す。父
は島津久逸の家老を務め、日向櫛間の戦
いで久逸を守って戦死した。政盛はその
賞として、伊作荘永谷名を与えられた。
327.鎌田政心       ????〜????
島津家臣。政盛の子。日向財部地頭。島
津貴久が島津実久の攻撃を受け、田布施
へ逃れた際に従った八人のうちの一人。
筑前岩屋城攻めなどで、軍功をあげた。
328.鎌田政良       ????〜1599
島津家臣。政心の養子。政広の次男。次
郎五郎。吉松で病死し、家督は庶流の政
近が継いだ。鎌田家は藤原秀郷の裔で政
佐のとき島津忠久に従い薩摩に移った。
329.鎌田政近       1545〜1605
島津家臣。政良の養子。政勝の子。島津
義久の老中。耳川の戦いでは山田有信ら
とともに、大友軍の侵攻を防いだ。関ヶ
原の戦い後の講和交渉などに活躍した。
330.鎌田政虎       ????〜1585
島津家臣。政近の嫡男。左京亮と称す。
1585年、肥後花山塁を守備していた
が、阿蘇軍の攻撃を受け木脇祐昌ととも
に戦死した。家督は弟・政富が継いだ。
331.鎌田政年   寛栖  1514〜1583
島津家臣。政辰の子。帖佐、馬越、のち
牛根地頭。島津家の看経所に名を残した
4人のうちの1人で、蒲生攻め、馬越城
の戦い、矢崎城の戦いなどで活躍した。
332.鎌田政広       ????〜????
島津家臣。政年の子。義久の御使役。日
向申次衆を務めた。島津・相良和平の際
に島津方の人質として相良家に赴いた。
九州征伐前に豊臣秀吉と交渉を行った。
333.肝付兼固       ????〜????
島津家臣。加治木肝付家2代当主。兼光
の子。越前守と称した。父が高山を去っ
て以来、大崎を領有していたが、148
6年に島津氏から溝辺を賜って移った。
334.肝付兼演   威安  ????〜1552
島津家臣。加治木肝付家3代当主。兼固
の子。島津本家の老名。本田薫親ととも
に島津忠良に抗したが降り加治木を安堵
された。祁答院家らの反乱を鎮圧した。
335.肝付兼盛       1533〜1578
島津家臣。加治木肝付家4代当主。兼演
の子。島津家の看経所に名を残した4人
のうちの1人。貴久、義久の老中。蒲生
攻めや伊東氏との戦いで軍功をあげた。
336.肝付兼寛       1558〜1590
島津家臣。加治木肝付家5代当主。兼盛
の子。母は島津忠良の娘。肥後攻めなど
で軍功をあげた。上井覚兼から、『雨宝
童子之法』の秘伝を伝授されたという。
337.肝付兼三       1585〜1602
島津家臣。加治木肝付家6代当主。兼寛
の養子。伊集院忠棟の三男。加治木から
喜入に転封された。父が殺害され肝付家
を去った。島津忠恒の命で暗殺された。
338.肝付兼篤       ????〜????
島津家臣。加治木肝付家7代当主。兼盛
の子。越前守と称した。1599年、伊
集院忠棟が伏見で殺害された際に、兼三
が肝付家を去ったため家督を継承した。
339.肝付竹友       ????〜1573
肝付家臣。1560年、志布志城を攻め
た。1564年、志布志地頭となった。
1573年、北上して北郷時久を攻める
が、末吉国合原において戦い討死した。
340.頴娃兼心       1454〜1532
伴姓頴娃家3代当主。兼郷の嫡男。山城
守と称した。島津氏に属し、禰寝重清ら
とともに指宿城を攻略した。当初、島津
忠昌の三男・忠兼を養子に迎えていた。
341.頴娃兼洪       1506〜1538
伴姓頴娃家4代当主。肝付兼久の子。頴
娃兼心の養子となった。島津勝久に属し
忠良と対立したが、頴娃城を攻められて
降伏した。のち、指宿の地頭となった。
342.頴娃兼友       1529〜1548
伴姓頴娃家5代当主。兼洪の嫡男。父が
33歳の若さで死んだため、10歳で家
督を継いだが、自身も20歳でこの世を
去った。家督は弟・兼堅が継いでいる。
343.頴娃兼堅       1531〜1569
伴姓頴娃家6代当主。兼洪の子。兄・兼
友の早世により家督を継いだ。島津氏と
の関係を強化し、頴娃氏の地位を安定さ
せた。領内各地の神社の修理を行った。
344.頴娃兼有       ????〜1571
兼堅の子。父の死後、側室の子である兼
慶(久虎)と家督を巡って対立し、開聞
宮に立て籠もり、頴娃の農民や開聞宮の
社家、衆徒とともに戦ったが敗死した。
345.頴娃久虎       1558〜1587
島津家臣。伴姓頴娃家7代当主。兼堅の
子。耳川の戦い、沖田畷の戦いなどで戦
功を立てた。主君・義弘をして「豊肥戦
はすべて久虎によった」と言わしめた。
346.頴娃久音       1583〜????
島津家臣。伴姓頴娃家8代当主。久虎の
嫡男。父の死後に本領を安堵されたが、
太閤検地によって、頴娃、指宿、山川を
没収されて、谷山郷山田へ移封された。
347.頴娃久政       1584〜1649
島津家臣。伴姓頴娃家10代当主。鎌田
政近の四男。左馬頭と称した。家老を務
めた。頴娃久秀(島津義虎の五男)が入
来院家を継いだため、頴娃家を継いだ。
348.津曲兼任   道参  ????〜????
頴娃家臣。俊宗の子。1535年、頴娃
兼洪より指宿地頭に任じられた。兼洪が
没すると菩提を弔うため源忠寺を建立し
た。津曲氏は肝付兼員の子・兼行が祖。
349.北原茂兼       ????〜????
日向真幸院の豪族。北原家当主。兼門の
嫡男。父が夭折し、叔父・立兼が戦死し
たため、幼少で家督を継承した。叔父・
兼珍に家督を簒奪され、球磨に逃れた。
350.北原兼泰       ????〜????
日向真幸院の豪族。茂兼の嫡男。父は幼
少で家督を継承したが、叔父・兼珍に家
督を奪われ、母方の実家である相良氏を
頼って逃れた。北原家は肝付家の庶流。
351.北原兼親       ????〜????
日向真幸院の豪族。兼泰の子。兼孝の死
後、島津家の後ろ盾を得て伊東家と戦っ
た。以後、真幸院の西半分は島津家の、
東半分は伊東家の支配する所となった。
352.北原兼珍       ????〜????
日向真幸院の豪族。北原家当主。兼貴の
四男。長兄・寛兼、次兄・兼門が病死し
三兄・立兼が戦死したのちに当主となっ
た兼門の嫡男・茂兼から家督を奪った。
353.北原久兼       ????〜????
日向真幸院の豪族。北原家当主。兼珍の
嫡男。父は北原家当主である甥の茂兼が
幼少であることに乗じて、家督を簒奪し
た。茂兼は相良氏を頼り球磨に逃れた。
354.北原祐兼       ????〜????
日向真幸院の豪族。北原家当主。久兼の
嫡男。北原家は肝付兼俊の子・兼幸が肝
属郡串良院に入ったのが始まりという。
南北朝時代に兼幸が真幸院に入部した。
355.北原兼守       ????〜1560
日向真幸院の豪族。北原家当主。祐兼の
嫡男。伊東義祐の娘婿。長年にわたり、
北郷家と戦った。死後、家督を巡って争
いが起こった。北原家は肝付家の庶流。
356.北原兼孝       ????〜1560
日向真幸院の豪族。久兼の庶子。兼守が
病没すると、家中の協議により家督に推
されたが、伊東義祐の介入で一門の馬関
田右衛門に家督を奪われ、謀殺された。
357.馬関田右衛門     ????〜????
日向馬関田城主。北原家の庶流。北原兼
守の没後、伊東義祐の専断で義祐の娘で
あった兼守の未亡人を娶り、北原家の継
嗣となる。のち島津家により逐われた。
358.梅北兼弘       ????〜????
梅北家当主。兼次の嫡男。梅北家は肝付
兼貞の五男・兼高を祖とする。肝付家は
968年に伴兼行が薩摩掾に任じられ、
翌年、薩摩国に下向したことに始まる。
359.梅北国兼       ????〜1592
島津家臣。兼弘の子。朝鮮出兵の際、加
藤領の肥後佐敷城を占拠したが直後に殺
害された。乱の参加者に島津歳久の兵が
多かったため歳久討伐の口実とされた。
360.諏訪為秋       ????〜????
兼春の子。本田薫親に属し大隅上井を領
有していたが、1548年に島津貴久に
仕えて薩摩永吉地頭となった。以後は島
津家に仕え姓を諏訪から上井に改めた。
361.上井薫兼       ????〜????
諏訪為秋の子。武蔵守と称す。本田薫親
の家臣。父とともに島津貴久に降り、薩
摩永吉を領有した。子・覚兼が日向宮崎
地頭となると日向柴波洲崎城へ入った。
362.上井覚兼       1545〜1589
島津家臣。薫兼の子。島津義久の老中。
高原攻め、石城攻め、高城攻めなど日向
の諸戦で活躍し宮崎地頭となる。「伊勢
守心得書」、「上井覚兼日記」を著す。
363.上井秀秋       ????〜????
島津家臣。薫兼の子。祖父・為秋の弟・
親秋の養子となった。島津義弘に従って
飯野城へ入り木崎原の戦いで活躍した。
日向小林、馬関田、綾の地頭となった。
364.上井里兼       ????〜????
島津家臣。秀秋の嫡男。父の跡を継ぎ、
島津義弘に仕えて家老となった。慶長の
役では朝鮮に渡海し、泗川の戦いに従軍
して活躍。琉球征服後、検地を行った。
365.土持親佐       ????〜????
県土持家15代当主。親栄の子。松尾城
主。伊東家と抗争し、門川城を奪われた
が伊東軍を夏田で破り奪還した。のち高
千穂領主・三田井家の仲介で和睦した。
366.土持親成       ????〜1578
県土持家16代当主。親佐の子。松尾城
主。島津家が伊東家を駆逐すると、島津
家に従属を申し出て所領を安堵された。
翌年、大友軍の攻撃を受けて自害した。
367.土持久綱       ????〜1599
県土持家17代当主。元綱の子。親成の
養子となった。1578年、大友宗麟の
日向侵攻で養父を失った。島津義久が大
友軍に勝利したのち島津家臣となった。
368.池田貞秀       ????〜1619
島津家臣。六左衛門。義弘に従って飯野
に移った。伊東氏との戦い、堅志田城攻
め、豊後入り、小田原征伐、文禄の役、
庄内の乱で活躍した。義弘に殉死した。
369.市来家親       ????〜????
島津家臣。家朗の子。玄蕃左衛門尉。大
隅松山の地頭。1583年の肥後相良家
攻めにおいて、手勢の松山衆を率いて伊
集院忠棟軍に属し、軍功をあげている。
370.市来家利       ????〜1567
島津家臣。家保の子。1567年、大隅
市山城に入った。菱刈家の牛山城を攻撃
したが、反撃を受け、その退却戦で平田
加賀、伊集院久慶らとともに討死した。
371.岩切善信       ????〜????
島津家臣。可春、信朗とも。可楽の子。
父から兵術を学んだ。蒲生家、伊東家、
大友家との合戦などに従軍した。庄内の
乱の勝利の際には凱歌を唱えたという。
372.上原尚近       ????〜????
島津家臣。島津義久の老中。1576年
に日向高原城を攻略し高原地頭となる。
その後も伊東家の駆逐に尽力し、飫肥地
頭となった。合志城攻めなどにも従軍。
373.小川有季       ????〜????
島津家臣。小川家13代当主。島津実久
の娘を娶った。1595年に改易されて
田布施郷高橋村に移封され、小川氏の約
400年にわたる甑島支配は終わった。
374.柏木源藤       ????〜????
島津家臣。川上忠兄の配下。関ヶ原の戦
いの敵中突破の退却戦では、主君・島津
義弘を戦場から離脱させるため、捨て奸
となり井伊直政を狙撃して負傷させた。
375.木上惟商       ????〜????
島津家臣。新五郎の子。掃部介、和泉守
と称した。小笠原流射術の奥義に達し、
文禄、慶長年間には島津家久の弓術師範
を務めた。木上家は豊後大友氏の庶流。
376.桑波田景元  観魚  ????〜????
島津家臣。武景の子。日置郡南郷領主。
島津忠治、忠隆、勝久の老名を務めた。
子・栄景は島津忠良に敗れた。桑波田家
は桑波田覚弁以来、南郷を治めていた。
377.桑波田栄景      ????〜????
島津家臣。景元の子。日置郡南郷領主。
島津忠良が島津勝久から南郷を与えられ
たのちも、南郷を治めた。島津実久に寝
返ったが、忠良の攻撃を受け逃亡した。
378.後醍院良任      1524〜1597
島津家臣。宗能の子。肥後八代で相良義
陽に仕えていたが、1581年、薩摩に
移って島津義弘に仕えた。後醍院家は征
西将軍懐良親王の子・良宗を祖とする。
379.後醍院宗重      ????〜1600
島津家臣。良任の子。関ヶ原の戦いで島
津軍を薩摩へ帰還させるため、東軍の正
面を横切り、伊勢路から撤退するよう主
張した。自らも捨て石となり戦死した。
380.五代友喜       1539〜1626
島津家臣。島津義弘の家老。日向馬関田
地頭。木崎原の戦いでは伏兵として野間
門に配置され伊東加賀守を討ち取った。
小田原征伐では、忠恒の供をしている。
381.税所敦朝       1569〜1608
北郷家臣。レオン七右衛門。オルファネ
ル神父の洗礼を受けキリシタンとなる。
主君・三久の棄教命令を拒否し、平佐で
刎首されドミニコ会初の殉教となった。
382.猿渡信資       ????〜1539
島津家臣。実久方・加世田別府城攻めで
は島津貴久の率いる第二軍の組頭を務め
た。実久方の援軍・鎌田加賀守、大寺越
前守と戦うが挟み撃ちにあい討死した。
383.猿渡信光       ????〜1587
島津家臣。信資の子。薩摩加世田、のち
羽月地頭。沖田畷の戦いで活躍した。山
田有信とともに筑後へ侵攻した。根白坂
において九州征伐軍と戦うが戦死した。
384.園田実明       ????〜????
島津家臣。薩摩小野領主。島津貴久が島
津実久の攻撃を受けた際、貴久を敵の追
撃から守り切って田布施へ脱出させた八
人の内の一人。娘は島津義弘に嫁いだ。
385.中馬重方       1563〜1635
島津義弘秘蔵の家臣。数多くの戦功をあ
げたが、無軌道な振る舞いが多かったた
め出世はしなかった。関ヶ原の戦いには
義弘の危機を知って馳せ参じ奮戦した。
386.徳田大兵衛      1584〜1634
島津家臣。家久、光久に仕えた。「日当
山侏儒どん」として知られる。日当山地
頭という。頓智、奇行に富み、逸話が多
数伝わっている。背が低かったという。
387.西村時貫       ????〜????
種子島家臣。時弘の嫡男。織部丞と称し
た。鉄砲伝来の際、中国人と筆談を行っ
たという。種子島時述の謀反時には、父
とともに時堯の屋敷に篭もり応戦した。
388.服部宗重       ????〜????
島津家臣。義弘に仕えた。国分煙草の元
祖。1606年、島津義久に煙草栽培を
願い出て許され、山口四郎左衛門と協力
して試作した。煙草奉行に任じられた。
389.原田長治       ????〜1627
島津家臣。隈城の士。1587年、豊臣
秀吉の九州征伐の際に隈城から平佐城へ
入城し、桂忠詮に従い防戦した。この戦
いで敵将・九鬼八郎を弓矢で射殺した。
390.本郷義則       ????〜1615
宇喜多家臣。関ヶ原の戦い後に主君・秀
家に従って薩摩に至り、そのまま島津家
臣となる。弓馬の達人で本藩日置流射術
の開祖。島津家久の射法指南役となる。
391.満留忠実       ????〜1568
島津家臣。忠良に従う。松崎大蔵ととも
に加世田に潜入して実久方の隙を窺い、
大晦日に城兵が家に帰るのを見て注進し
た。忠良の死後中條政義とともに殉死。
392.三原重秋       ????〜????
島津家臣。重平の子。遠江守と称す。大
隅曾於郡地頭。忠良、貴久、義久の老中
を務めた。三原家は代々伊作島津家に仕
え貴久の本家入嗣に伴い本家に仕えた。
393.宮里正聡       ????〜????
入来院家臣。樋脇塔之原の地頭。重聡に
仕えた。島津忠良に協力して軍功を立て
た。父・正興から孫・正乗までの4代に
わたり宮里家は塔之原の地頭であった。
394.宮原景種       ????〜1587
島津家臣。景次の子。1567年には菱
刈攻め、1569年には新納忠元の大口
攻めに従い軍功があった。九州征伐で、
肥後隈荘の守将となって戦い戦死した。
395.宮原景晴   秋扇  ????〜1624
島津家臣。景次の弟。阿久根地頭。肥後
矢崎城攻めに参加した。高尾野地頭とな
り高尾野城の修築にかかるが一国一城令
により廃城となった。仁礼に改姓した。
396.八板清定       1502〜1570
種子島家臣。金兵衛。鉄砲が伝来すると
種子島時堯の命令で製造に当たった。翌
年、再び来航したポルトガル人から、ネ
ジの製法を学び、国産銃を完成させた。
397.山口直友       1544〜1622
徳川家臣。直之の子。庄内の乱で島津義
久、忠恒と伊集院忠真を和睦させた。井
伊直政らとともに関ヶ原の戦い後の島津
氏との戦後交渉を行う。旗本となった。
398.山口直行       ????〜1613
島津家臣。徳川家臣・山口直友の従弟。
直友は島津氏と入魂で毎年1000石を
受けていたが、その分で島津氏に召し抱
えられた。子孫も島津氏に仕えている。
399.吉田位清       ????〜1517
吉田家14代当主。松尾城主。島津善久
の娘を娶った。1515年、島津忠治に
反し戦った。1517年、島津忠隆に攻
められ城を捨て逃れる途中に自害した。
400.吉田清存       ????〜????
島津家臣。宗清の子。吉田家の庶流。島
津義久の御使役。沖田畷の戦いに従軍し
た。翌年、毛利輝元の使者を接待した。
霧島社、福昌寺などへも使者となった。
戻る